公開日:2022年9月14日

メールマーケティングを行っているものの、なかなか読んでもらえないと悩んでいませんか。どのようなメールを書けば読んでもらえるのか例文や開封率を上げるポイントをご紹介します。メール配信の際に気をつけたいポイントについても解説しますので、開封して読んでもらえるメールコンテンツを作りましょう。

メールマーケティングとは

メールというコミュニケーションツールが一般的になって随分たちます。そのメールを使ってマーケティングを行うことを、メールマーケティングと呼びます。

メルマガもありますが、ターゲットを明確に定めて行うのがメールマーケティングです。例えば、30代の方限定クーポンや、関西地区在住の方など、送信する相手の条件を限定して、より興味を持ってもらえるようなメールを配信します。

一般的な情報に比べ、自分が所属しているカテゴリーに限定された情報は開封率も上がり、商品やサービス購入に繋げやすくなるでしょう。

▼メールマーケティングについて詳しくはこちら

(「メールマーケティング」対策記事(記事No403)へ内部リンク設置)

メールマーケティングにおける良い例文

プレゼント

クリスマスやお正月など、大きなイベントに合わせてプレゼントを企画してみましょう。クリスマスのプレゼントメールのテンプレートをご紹介します。

件名メリークリスマス!プレゼントのお知らせ
本文Merry Christmas!
クリスマスということで、特別にクリスマスに使える英会話集の有料noteを無料でプレゼントいたします。

本来は1,000円で販売しているものですが、クリスマスプレゼントとしてぜひご覧ください。

noteの内容は、クリスマスにネイティブが使う会話集です。実際に会話する時に困らないよう、身につけておいてくださいね。

本メールだけの特別プレゼントです!どうぞお見逃しなく!

人気の記事へリンク誘導

似たようなカテゴリの内容の人気記事へのリンク誘導も開封率があがります。過去の反響から良かったものをピックアップし、リンク設定をして誘導しましょう。

件名ビジネス会議で使える例文集
本文こんにちは。○○英会話の○○です。

先日、 ビジネスで使える例文集をお伝えしたところ、「ビジネス会議で使える会話をもっと詳しく教えて欲しい」とのご連絡を多数いただきました。

そこで今回は、ビジネス会議に絞った例文をご紹介します。
ホスト、進行役になった場合や、ZOOMなどオンライン上で使う会話集など、シチュエーション別に解説します。

ビジネス会議の場がフォーマルであればあるほど、言葉や失礼な言葉を使ってしまうと、信用を失ってしまうこともあります。短時間で確認できますので、ビジネス会議に臨む前にぜひチェックしてください。

タイミングに合わせる

春は新入社員や、異動で人が入れ替わることが多い季節です。そのようなタイミングを狙って、必要とされるような情報を送るのも有効でしょう。

正月の挨拶メール、休暇前の挨拶メールなど、その時々に合った内容で送りましょう。

件名新入社員、異動で使える会話集
本文こんにちは!〇〇英会話の○○です。
新入社員や、異動などが多い季節になります。
初めて会う方と適切なコミュニケーションを取りたいですよね。ネイティブがよく使うビジネス会話集の中から、新入社員や、異動に関わる例文をピックアップしてご紹介します。

異動する方も、受け入れる側の方も知っていて損はない内容です。ぜひ参考にしてください。

開封率の高いメールの特徴

メリットのある内容

自分が知りたい、関係する内容を示唆する件名が書かれていれば、「そのメールを読んでみたい」という気持ちになります。受け取った人にメリットがある内容であることを、端的に伝えましょう。初回の挨拶も重要ですが、それだけで終わってしまうとすぐに登録解除されてしまうこともあります。

受け取るメール数が多い人や迷惑メールに辟易している場合には、メールの開封率は下がります。企業メルマガで「面白い!」など興味の持てる内容でなければ、開かずにそのまま流されてしまうか、削除となるでしょう。

プレゼントや割引キャンペーンなど、有益と感じられる情報が含まれていることを分かりやすく件名で伝え、期間限定、先着10名など急いで開封しないと損をするように感じられるものもよいでしょう。限定であることを期間や人数を盛り込み、成果30%アップなど、具体的に伝えると効果的です。

総務部向け、中間管理職向けなど、ターゲットを明確にするのもおすすめです。限定にしすぎると多くの人に開封してもらえないと考えるかもしれませんが、自分に当てはまると感じられなければ開いてももらえません。訴求力のあるキーワードをなるべく冒頭に持ってきて、目立たせるようにしましょう。

またメールを埋もれさせないために、【】「」を使って目を引き、印象に残す工夫も必要です。

冒頭の文章と文字数を意識している

スマホでメールを読むことも増えてきているため、15文字以内のファーストビューを意識してみましょう。メールソフトにもよりますが、興味を引く、重要などポイントとなる要素は15文字以内に入れます。件名は長くても30文字以内におさめるようにすることで、読まれやすいメールになるでしょう。

開封率の低いメールの特徴

件名が長すぎる

メールの件名の文字数が長すぎるとスマホによっては表示されず、省略されてしまうことがあります。件名にあれこれ詰め込みたい気持ちは分かりますが、ポイントを掴み、端的に分かりやすく伝えるようにしましょう。だらだらと長くしてしまうと結局何のメールか分からず、開封率も下がる傾向にあります。

またアピールしたいことや重要なことは、件名の冒頭に書くようにしましょう。

メリットがない

〇〇入荷!と書かれたメールを見て開きたいと思うでしょうか?〇〇が入荷したらお知らせをもらうよう設定していれば飛びつくかもしれませんが、そうでなければ興味が持てない人がほとんどでしょう。メールを送る側としては、商品紹介や〇〇が入荷したから、ぜひ見て欲しいということですが、受け取った側の気持ちを考えることを忘れないようにしましょう。

受け取って気持ちのよい、メリットある、立場にあっているなどメリット面を前面に押し出した件名でないと、多くのメールの中から開いて読まれることは難しくなるでしょう。

配信する際の注意点

タイミング

時間帯や曜日など、見てもらいやすいタイミングを見計らって配信しましょう。ターゲットによって配信のタイミングは異なります。ビジネス内容であれば、始業前、通勤時や、平日のランチタイムもよいでしょう。また、休日の夕方も落ち着いて読むことが多い時間帯です。

主婦をターゲットにするのであれば、家事や育児で忙しい午前中は避けて、平日の午後が適しています。年齢層によっても異なるので、生活スタイルを見極め、メールチェックしやすい曜日、時間帯に配信しましょう。

ターゲット

メールを送るターゲットは重要なポイントです。以前、資料請求をしてくれた人、過去にセミナー参加をしてくれた人など具体的な繋がりや、新商品のターゲット属性から洗い出した人など送る相手を決めましょう。

すべての人にいつも送っていると、また対象外のメールがきたと感じられ、開封されにくくなるかもしれません。メール配信停止に繋がらないよう、必要と思われるターゲット層を絞り配信することが重要です。

文量

せっかく開封されても、長すぎるメールは読む気が起きず、そのまま削除となってしまう可能性があります。読みやすく、適度な文量を見極めましょう。ビジネス関連であれば、ある程度長いメールでも内容があれば読まれやすいですが、主婦層などは短く分かりやすい、ポイントを掴んだメールの方が好まれる傾向があります。

頻度

毎日1回、週に2回など、メールを配信する頻度を決めましょう。不定期配信でもよいのですが、突然配信が止まると、存在を忘れられてしまう恐れがあります。また、数ヶ月後に配信を再開しても、すでに読者の興味が過ぎ去っていると購読停止に繋がることもあるでしょう。最低でも月1回は配信することをおすすめします。

メッセージの開封率を上げるならはSMS送信がおすすめ

メールは埋もれてしまい、迷惑メールに振り分けられてしまうことも多いため、メール到達率や開封率を考え、SMS送信が注目されています。携帯電話番号で送れるSMS送信は、捨てアドレスも存在するメールに比べ、届きやすく通知されるため開封率が高くなっています。マーケティングのためにコンテンツを練って配信しても届かなければ意味がありません。SMSマーケティングに切り替えるのもよい方法と言えるでしょう。

関連リンク①:

SMSのメリットは開封率が高いことだけではない!SMSマーケティングのメリットとポイントまで紹介 – SMS送信サービス「KDDIメッセージキャスト」

関連リンク②:

DM・ダイレクトメールとは?開封率を上げていく方法とは? – SMS送信サービス「KDDIメッセージキャスト」

関連リンク③:

メールマーケティングにおけるメルマガの開封率とは?開封率を上げるコツも解説 – SMS送信サービス「KDDIメッセージキャスト」

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

「KDDI Message Cast」では、SMS送信でも最大660文字の長文配信が可能です。短文しか送れないので、マーケティングにならないと考えている方も、長文や画像、動画なども配信できる「KDDI Message Cast」で、効果的にアピールしてみませんか。導入費用がかからず、従量課金制なのもメリットです。

まとめ

メールマーケティングについてご紹介しました。開封率を上げるコツや、例文もご紹介しました。思わず読みたくなるメールや、開封して読んでもらえるメールコンテンツを作りましょう。件名はスマホでも表示される文字数を考え、重要で本当に伝えたいことは冒頭に持ってくることで、読まれやすくなるでしょう。BtoCとBtoBによって顧客は異なりますが、ターゲットを決めて配信するとよいでしょう。

「迷惑メールが多くてメールは使わなくなった」という人も増えています。携帯電話番号を利用したSMS送信は開封率も高いため、マーケティングに適しています。「KDDI Message Cast」は長文配信も可能ですので、試してみてはいかがでしょうか。

▼KDDI Message Cast(KDDIメッセージキャスト)詳しくはこちら
https://sms.supership.jp/