公開日:2022年9月21日

社員がメールの配信に多くのリソースを充てなければならず、従来の業務の生産性低下に悩む企業は少なくありません。あるいは、営業メールを顧客に送るものの、成果が出ないという悩みを抱える企業も多いです。このような悩みを抱える企業には、メール配信代行サービスがおすすめです。本記事では、メール配信代行サービスについて解説した上で、依頼できる業務内容や依頼するメリット、相場費用などについて説明します。

メール配信代行サービスとは?

メール配信代行サービスとはメールの配信を委託できるサービスです。

業務におけるメールの配信について時間や手間がかかると感じる人も少なくないでしょう。メール配信代行サービスを活用することで、社員が従来の業務に集中できる、社内の業務効率が高まるといったメリットを得られます。

依頼できる業務内容

コンテンツの作成

メールコンテンツの作成には時間がかかります。書き方や表現に迷ったり、相手に失礼がない文面を考えたりしていると、気づいたら数時間経っていたという経験がある人もいるかもしれません。

また、営業メールの場合、マーケティングやコピーライティングの知識が必要となることも多いでしょう。読み手の心に留まるセールス文やよいコピーライティングを短時間で考えることは容易ではありません。

メール配信代行サービスを活用すれば、メールを作成する手間を省けます。また、マーケティング効果や販促効果があるメールの依頼もできるため、売上につなげることも期待できます。

メールの配信

メールの配信業務を委託することで、リストの作成から配信までを自社で行う必要がなくなります。

ビジネスにおけるメールの配信作業は、希望者にメールを送るだけではありません。例えば、新規配信希望者リストの追加や、配信停止希望者をリストから削除するなどといった業務もあります。

配信リストの整理を行っていると、従来の業務に充てる時間がなくなったり、残業になったりということもあるでしょう。

メールの配信を委託することで、自社でメールに関わる業務をおこなう必要がなくなります。社員の負担を軽減するためにもメール配信代行サービスの利用がおすすめです。

▼メール配信システムについて詳しくはこちら
メール配信システムとは?主な導入目的や選び方について紹介 – SMS送信サービス「KDDIメッセージキャスト」

定期的な配信

ほとんどの企業はメールを特定の顧客に一度配信して終わりではなく、定期的に配信しています。定期的な配信を行う場合、配信を忘れないようスケジュール管理が必要です。また、多忙な時期にはメールの定期配信を負担に感じることもあるでしょう。

メール配信代行サービスは定期的な配信にも対応していることが多いため、自社で顧客にメールを定期的に配信する手間を省けます。

解析と業務改善案の提案

マーケティングでメールを活用した場合、配信後に効果測定を行い、改善点を洗い出す必要があります。

データ解析や業務改善策の提案は知識や経験がなければうまくできるものではありません。

メール配信業務の中で解析と業務改善案を外部へ委託している企業もあります。

メール配信代行サービスに依頼するメリット

社員の業務負担の軽減

送信者リストの管理やコンテンツの作成は手間と時間がかかる業務の一つです。企業によっては社員がこれらの業務に追われて、本来の業務が進まないというケースもあります。

メール配信代行サービスを活用すれば、メールに関する細々とした作業を行っていた時間を本来の業務にまわすことができます。

コストの削減

メールに関するノウハウや経験豊富なスタッフのサポートを受けられる点も特徴です。自社の社員を増やすよりも人件費を抑えつつ、顧客に高い効果を期待できるメール配信を行えます。

また、メール配信は郵送やファックスよりも低価格で行えるため、顧客開拓を低予算で行うこともできます。

メール配信代行サービスの費用相場

メール配信代行サービスの費用相場は以下の通りです。

メール配信代行サービスは一斉送信時の配信数ごとに料金を設定している場合が多いです。

なお、表はあくまでも一例です。コンテンツの作成や解析についても委託する場合は、相場よりも料金が上がるでしょう。

メール配信代行サービスの選び方

サービス内容と費用の均一性

メール配信代行サービスを選ぶ際は依頼業務と予算の均一性を見極めるようにしましょう。

メール配信代行サービスは利用するサービスの数に従って料金が割高になります。そのため、自社にとって依頼すべき業務を洗い出し、自社のニーズを満たすサービスを提供している会社を見つけましょう。

実績

メール配信代行サービスを利用するからには、自社で行うよりも売上アップや開封率アップをねらいたいところです。

実際に依頼してみるにあたり、メール配信代行サービスがこれまでにどのような業務を請けてきたのか、あるいはどういった成果を出してきたのか気になるでしょう。

サービスに申し込む前に作成経験のあるコンテンツについて質問したり、サンプルや公開できる実績はあるのか問い合わせてみたりすることをおすすめします。

セキュリティ対策

メール配信代行サービスは顧客の氏名や住所、電話番号などといった個人情報を場合によっては扱います。業務を委託した企業で情報漏洩が起こった場合、自社の信頼にも関わる問題となりますので、メール配信代行サービスが個人情報の保護をどのように行っているか確認しておくようにしましょう。

プライバシーマーク(Pマーク)やISO14001(情報セキュリティ認証)を取得してるか確認しておくことをおすすめします。

メッセージ送信ならSMS送信もおすすめ

メッセージの送信にはSMS送信がおすすめです。SMSはメールアドレスを知らない相手にも、電話番号でメッセージを送れます。キャリアを問わず送信することができ、かつ高い到達率を誇ります。

また、SMSはスマートフォンや携帯電話で着信を確認できるため、受信者は外出先や移動中にもメッセージを確認できます。

SMSの送信にも費用はかかるものの電話やDMを郵送するよりもコストを抑えられます。そのため、少ない予算で顧客にキャンペーンや商品に関する情報などを届けたい企業にもおすすめです。

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

SMSを活用して顧客に情報を送りたい企業にはKDDI Message Castがおすすめです。KDDI Message CastはKDDIグループが提供するサービスの一つで、メッセージは国内直収接続 (キャリア直接続) ならではの高い到達率を実現します。

また、KDDI Message Castで送れるメッセージはバリエーションに富んでおり、最大で660文字の長文を配信することも可能です。SMSだけではなく、+メッセージでの配信もできますので用途に合わせて利用できます。

配信時に他人判定を行う誤配信防止オプションの搭載、24時間365日受け付け、監視運用サポートなど、サービスを安心して利用できる運用体制も整っています。

まとめ

メール配信代行サービスには作成代行やメルマガ配信代行などさまざまなサービスがあります。自社の目的に合ったサービスを利用することで、営業メールの作成や管理などの業務負担を軽減できるでしょう。社員の残業時間削減や、社員が本来の業務に集中しやすくなるといったメリットもあります。

メール配信代行サービスにはさまざまな種類があるため、自社の目的に合ったサービスを探してみましょう。

また、営業メールにはSMSの活用もおすすめです。SMSは急ぎの連絡に対応しやすい他、低コストでクライアントと連絡を取ることができます。

▼KDDI Message Cast(KDDIメッセージキャスト)詳しくはこちら
https://sms.supership.jp/