キャンペーンの告知方法にはどんな種類がある?それぞれのメリット・デメリットを解説!

SMS活用事例

キャンペーンで高い成果を出すためには、キャンペーンの告知をどのように行うかが重要です。たとえ内容が充実したキャンペーンを開催しても、告知方法がよくない場合には人は集まりません。実際、魅力的なキャンペーンであっても、告知方法に問題があり人が集まらなかったというケースは多いです。そこで本記事では、キャンペーンの種類を確認した上で、キャンペーンを成功させるコツやキャンペーンの効果的な告知方法などについて説明します。

そもそもキャンペーンにはどんな種類がある?

キャンペーンと一口でいっても、キャンペーンは目的別に二種類に分けられます。以下、キャンペーンの種類について説明します。

目的がPRのキャンペーン

PRを目的としているキャンペーンには、企業の認知度拡大、新商品のお披露目などを目的に開催されるキャンペーンが含まれています。

キャンペーンは企業や商品の認知度拡大を目的に開催するため、インパクトのある内容であることがほとんどです。例えば、新商品のお披露目の場合、イメージモデルを務める芸能人がキャンペーンイベントに登壇することもあります。各種メディアでキャンペーンの様子が取り上げられることもあります。

目的が販売促進のキャンペーン

販売促進を目的にしているキャンペーンは商品の売上アップをねらっています。商品を売ることが大きな目的であるため、ターゲット層や参加者に対して商品情報や、魅力などが伝わりやすい内容になっています。

また、このタイプのキャンペーンは認知度を既に得ている商品に用いられることが多いです。商品を知っているものの利用したことのない人もターゲットに含めており、消費者に購入を促す形式になっています。

キャンペーンを成功させるには、ターゲットと告知内容を明確にすることが重要

魅力的なキャンペーンや充実した内容のキャンペーンであっても、キャンペーン告知の方法を誤ると満足のいく結果は得られません。キャンペーンを成功させるためには、ターゲットと告知内容を明確にしましょう。

キャンペーンに関わらず、広告やマーケティングにおいて「誰に対して行うのか」がポイントになります。ターゲット層を明確にすることで、ターゲット層の趣向やニーズに合ったキャンペーンの告知方法・内容におのずとなるはずです。

キャンペーンを告知する際には告知内容を明確にする必要があります。開催日時、開催の内容、キャンペーンに参加するメリットなどを分かりやすく伝える必要があります。

キャンペーンの告知方法にはどんな種類がある?

キャンペーンの告知方法には複数の種類があります。以下、おすすめのキャンペーンの告知方法を9つ紹介します。

SNSを活用したキャンペーン告知方法

Twitter、Instagram、FacebookなどといったSNSは、現代社会における効果的マーケティング方法として知られています。キャンペーン告知にもSNSは効果的な方法です。SNSでキャンペーンの告知をした場合、告知は自社をフォローしている消費者や、自社、ないし自社製品について調べている消費者の目に留まります。消費者の中には自分の好きな企業が開催するキャンペーン情報をSNS上で拡散する人もいるため、告知が想像以上に広まることもあります。

SNSを活用したキャンペーン告知のメリットとデメリットは以下の通りです。

〇メリット

  • SNSアカウントの運用は無料
  • ターゲット層にリーチできる
  • 拡散力がある
  • 即効性がある

〇デメリット

  • 自社アカウントのフォロワー数が少ないと告知効果が薄い
  • 世間一般で認知されている企業でないと、投稿が見落とされる
  • 炎上のリスクがある
  • ネットリテラシーの低い投稿をしたら、悪い意味で注目される

セールスプロモーションを活用したキャンペーン告知方法

セールスプロモーションを活用したキャンペーン告知とはダイレクトメール、メルマガなどを顧客に送る告知方法です。SNSではキャンペーンの告知を大衆に行うのに対し、セールスプロモーションでは過去に取り引きのあった顧客に対して行います。ダイレクトメールやメルマガのシステムによっては、顧客の名前を宛名にそれぞれ入れることができます。ダイレクトメールで告知を受け取った顧客は特別感を抱くこともあります。また、キャンペーンにある程度興味のある人たちに対して告知する方法であるため反応率も高いです。

セールスプロモーションを活用したキャンペーン告知のメリットとデメリットは以下の通りです。

〇メリット

  • 個人に情報を発信する方法のため、受取手に喜ばれることもある
  • コンバージョン率が高い

〇デメリット

  • 費用がかかる
  • 手間がかかる

オフラインイベントを活用したキャンペーン告知方法

オフラインイベントとは新製品発表会、商談会、セミナー、座談会といった催し事全般をいいます。オフラインイベントを活用したキャンペーン告知では、イベントの参加者に対してキャンペーンを開催する旨を伝えます。

オフラインイベントを活用したキャンペーン告知のメリットとデメリットは以下の通りです。

〇メリット

  • オフラインイベントとキャンペーンの親和性が高い
  • ターゲット層に直接告知できる
  • オフラインイベント×オンラインでリアルイベントに来れない人にも告知できる

〇デメリット

  • オフラインイベントやキャンペーンの開催地によって参加できる人が限られる
  • オフラインイベントの開催にコストがかかる
  • オフラインイベントは天候などによって中止になることもある

動画コンテンツ広告を活用したキャンペーン告知方法

動画コンテンツ広告を活用したキャンペーン告知とは動画投稿サイト、アプリ内動画広告、デジタルサイネージ広告などといった動画媒体で宣伝を行う方法です。動画コンテンツの活用によって静止画よりも、魅力的、かつ印象的なかたちで告知を行うことができます。近年、若者を中心に情報入手の手段としてテキストよりも、動画を活用する人が増えています。

動画コンテンツ広告を活用したキャンペーン告知のメリットとデメリットは以下の通りです。

〇メリット

  • 動画は若者を中心に人気がある
  • 静止画よりも魅力的なアプローチができる
  • 複数の内容を動画に織り込める

〇デメリット

  • コストが割高になりがち
  • 動画制作はスキルがないとできない
  • 自社で動画制作が困難な場合は業者に依頼しなければならない

マス広告を活用したキャンペーン告知方法

マス広告を活用したキャンペーン告知方法とは、テレビ、雑誌、新聞などのマスメディアに広告を出稿して告知する方法です。マスメディアは多くの人が目にする媒体であるため幅広く告知できるほか、キャンペーンのターゲット層に合った出稿先を選択することも可能です。

マス広告を活用したキャンペーン告知のメリットとデメリットは以下の通りです。

〇メリット

  • リーチできる層が幅広い
  • 適切な出稿先を選ぶことで、ターゲット層にリーチできる

〇デメリット

  • コストが割高
  • 掲載を認めてもらいにくい

SP広告を活用したキャンペーン告知方法

SPとは「セールスプロモーション」の略語で、購買を促す広告手法のことです。SP広告には屋外広告、交通広告、ダイレクトメール、FAXDMなどが含まれています。ダイレクトメールとFAXDMに関しては、マス広告よりもターゲット層のセグメント化がしやすいためレスポンスの計測を可能とします。SP広告には様々な媒体が含まれるため、SP広告を活用したキャンペーン告知ではキャンペーンの目的を明確にし、ターゲット層のニーズを汲んだ媒体の選択が求められます。

SP広告を活用したキャンペーン告知のメリットとデメリットは以下の通りです。

〇メリット

  • レスポンスを計測できる
  • 屋外広告、交通広告は多くの人の目に留まる
  • ダイレクトメール、FAXDMはターゲット層にリーチできる

〇デメリット

  • コストが割高になりがち
  • 各施設や交通機関が広告の掲載を許可してくれるとは限らない

コミュニティを活用したキャンペーン告知方法

コミュニティを活用したキャンペーン告知はファンサイトの会員や特定コミュニティのメンバーなどに対して周知する方法です。自身の属するコミュニティで情報を入手したファンはSNSや口コミなどで拡散するため、キャンペーンの開催について世間一般に広がります。

コミュニティを活用したキャンペーン告知のメリットとデメリットは以下の通りです。

〇メリット

  • ファンが情報を拡散してくれる
  • 告知にかかるコストを削減できる
  • 担当者の負担軽減

〇デメリット

  • コミュニティがないと成り立たない
  • コミュニティの運営に時間と手間がかかる
  • ファンが肯定的な内容で拡散するとは限らない

スポンサーの効果を活用したキャンペーン告知方法

スポンサーの効果を活用したキャンペーン告知とは、個人、団体、あるいはイベントに協賛することを条件に告知してもらう方法です。人気のイベントやよく知られている団体に協賛し、イベント時や団体の活動の中でPRすることにより、キャンペーンを多くの人に知ってもらえます。

スポンサーの効果を活用したキャンペーン告知のメリットとデメリットは以下の通りです。

〇メリット

  • イベントはメディアやSNSで取り上げられることもあるため、大きな反響を期待できる
  • イベントの参加者や団体のファンがキャンペーンに参加してくれることもある

〇デメリット

  • 協賛金などのコストがかかる
  • 他社の宣伝に埋もれてしまうかもしれない

SMSを活用したキャンペーン告知方法

SMSとは携帯電話やスマートフォンのショートメールサービスのことです。多くの人たちがスマホユーザーである今日、SMSを利用した販促や広告は読んでもらいやすいと人気を集めています。

SMSを活用したキャンペーンの告知では、顧客やターゲット層にキャンペーンの概要や参加するメリットなどを通知します。スマホや携帯はいつでもどこでも見られるため、スキマ時間や移動中の電車の中などでキャンペーンの通知を確認してもらえることもあります。

SMSを活用したキャンペーン告知のメリットとデメリットは以下の通りです。

〇メリット

  • 低コストでキャンペーンを告知できる
  • 開封率が高く、受信者の目に留まりやすい
  • 1通につき約600文字送信できる
  • システムによっては受信者の開封の有無が分かる

〇デメリット

  • 顧客の電話番号を知らないと送れない
  • 携帯やスマホを持っていない人には送れない

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

KDDI Message Castは初期費用、月額費用無料のSMS送信サービスです。1通につき660文字まで送ることができるため、長文のSMS送信も可能です。

KDDI Message Cast が提供するSMSの開封率は80%と高いため、キャンペーンの告知にも安心して利用できます。顧客にDMやハガキよりも低コストで情報を通知できるのも嬉しいポイントです。

KDDI Message Castは安心のKDDIブランドです。セキュリティ対策もしっかりしているため、大切な顧客情報が漏えいする心配もありません。

まとめ

キャンペーンで成功するためには、キャンペーンの内容はもちろん、キャンペーンの告知方法も重要です。告知方法によってキャンペーンの集客率は大きく変わるので、顧客のニーズや趣向に合った方法を選択する必要があります。

スマートフォンが幅広い世代に普及している今日、SMSを利用したキャンペーン告知がおすすめです。受信者の開封率も高く、告知にかかるコストも抑えられるので、優れた費用対効果を期待できます。

▼KDDI Message Cast(KDDIメッセージキャスト)詳しくはこちら

https://sms.supership.jp/

SMS活用事例

キャンペーンの告知方法にはどんな種類がある?それぞれのメリット・デメリットを解説! - SMS送信サービス「KDDIメッセージキャスト」
2022年5月13日 SMS活用事例

キャンペーンの告知方法にはどんな種類がある?それぞれのメリット・デメリットを解説!

キャンペーンで高い成果を出すためには、キャンペーンの告知をどのように行うかが重要です。たとえ内容が充実したキャンペーンを

SMS(ショートメッセージ)送信サービスのアルバイト/パートスタッフへの連絡手段としての活用ケース
2022年4月28日 SMS活用事例

SMS(ショートメッセージ)送信サービスのアルバイト/パートスタッフへの連絡手段としての活用ケース

人材派遣や人材紹介事業といった人材サービスを提供される企業にとって、アルバイトやパートの方々との円滑なコミュニケーション

SMS(ショートメッセージ)送信サービスの自動車販売での活用ケース
2022年4月26日 SMS活用事例

SMS(ショートメッセージ)送信サービスの自動車販売での活用ケース

自動車販売においては、新車・中古車販売時の来店予約や納車連絡、また車検や法定点検連絡など、お客様との電話やメール連絡に手

SMS(ショートメッセージ)送信サービスのイベントでの活用ケース
2022年4月25日 SMS活用事例

SMS(ショートメッセージ)送信サービスのイベントでの活用ケース

多くの方が参加するイベントは一斉送信が可能なSMS送信サービスと相性が良く、チケットのSMS認証以外でも活用が広がってい

ジム・フィットネス業界でのSMS(ショートメッセージ)活用について
2022年4月21日 SMS活用事例

ジム・フィットネス業界でのSMS(ショートメッセージ)活用について

SMS(ショートメッセージ)は到達率や開封率の高さから、さまざまな業界にて多様な用途で活用が広まっています。この記事では

リマインドメールとは?効果的な記載方法やSMSの活用事例をご紹介
2022年4月11日 SMS活用事例

リマインドメールとは?効果的な記載方法やSMSの活用事例をご紹介

リマインドメールはさまざまなビジネスシーンで活用されるようになりました。企業にとっても顧客にとってもメリットになる点が着

ブログ一覧