Salesforceの画面において、Salesforce Platformに登録の顧客情報へのSMSの配信・開封データの取得が可能です。SMS配信データをSalesforceの顧客管理情報に組み込むことまで可能なため、顧客の行動データを把握することができ、綿密な顧客情報の管理を実現します。

SMS配信機能をSalesforceに連携

Salesforceに登録された顧客情報を利用して、顧客とのコミュニケーションを活性化できます。

従来の連絡手段に加え、SMS送信サービス「KDDI Message Cast for Salesforce」によりSMS送信が可能になります。

このようなお悩みはありませんか?

・SalesforceからSMS配信ができない

・SMS配信の結果をSalesforceで取得できない

・メール等では開封率が悪くSalesforceを活用しきれていない

SMSとSalesforce連携によるメリット

クリック率の高いSMSがCRM連携することにより精緻な顧客管理が実現できます。

メリット

  • Saleforce上での配信により配信業務の一元化。Salesforceに登録の番号へSMS配信可能。
  • Salesforceの画面上で送受信・結果取得を一元化。Saleforce上に送信履歴や結果確認が可能。
  • クリック率の高いSMS配信による顧客データの蓄積が加速。SMS配信による顧客データの精緻化が可能

SMS送信機能KDDI Message Cast for Salesforce提供機能

Salesforceに登録された会員様情報を利用した便利な機能があります

① 個別SMS配信

Salesforceの画面上から特定のリードや取引先を指定して、個別にSMSを送信できます。

② 一括SMS配信

Salesforceの画面上から任意に選択したリード・取引先に対し、SMSを一括送信できます。

Salesforce上でSMSを配信する画面となります。配信するうえで便利な機能が実装されております

③ 送信結果表示

送信結果が自動でSalesforceに記録され、リアルタイムに確認できます。

Salesforce上のレポート機能を利用することで、案件単位の送信履歴を表示することが可能です

④ テンプレート作成

SMS送信時に定型の送信内容をテンプレートとして管理・転記できます。

⑤ 変数だし分け

Salesforce上に登録している変数情報(名前、会員番号等)の個別情報をテキスト上に差し込める機能。宛先ごとにだし分けが可能です。

SMS送信画面で、Salesforce登録された顧客情報を利用し文面の出し分けが可能です

⑥ ユーザ単位の送信履歴

送信した履歴をユーザ単位で確認可能です。オペレーターによるユーザからの問合せ回答などに便利です。

配信した結果はユーザ単位で履歴として確認が可能です。オペレータの交代やユーザからSMS連絡を受けた際の補助ツールとして便利です

まとめ

KDDI Message Cast for Salesforce(セールスフォース連携)を利用することで、Salesforce Platformに登録の顧客情報へのSMSの配信・開封データの取得が可能です。個別配信・一括配信が可能です。またSMS配信データをSalesforceの顧客管理情報に組み込むことまで可能なため、顧客の行動データを把握することができ、綿密な顧客情報の管理を実現します。

KDDI Message Cast for Salesforce(セールスフォース連携)からダウンロードをしご活用ください。

その他お問い合わせや資料請求は、こちらから