公開日:2022年5月9日

家族、恋人、友人と連絡が取れないと焦りますよね。繰り返し電話をしても出てもらえず、メールを送っても返信がないと心配になります。

従業員やお客様と連絡が取れない場合、業務に大きな影響が出るでしょう。本記事では、家族や恋人、友人と連絡が取れない場合に加えて、従業員、お客様と連絡が取れない場合の原因と対処法について説明していきます。あわせて、お客様との連絡が途絶えた時におすすめのSMSについても説明します。

家族・恋人・友人と連絡が取れない場合の原因と対処法

家族や恋人、友人といった自分にとって大切な人と連絡が取れないと不安に襲われます。以下、家族や恋人、友人と連絡が取れなくなった時の原因と対処法について説明していきます。

スマートフォン、及び携帯電話が使えないケース

スマホや携帯電話はバッテリー切れ、あるいは故障によって使えなくなることがあります。バッテリー切れの場合は充電すれば連絡を取れるようになるので、留守番電話にメッセージを残しておくほか、メールやSMSに「連絡が取れず心配している。メッセージを見たら連絡してほしい」と送っておくとよいでしょう。機器が故障している場合は修理が完了するまで使用できません。固定電話にかけてみることをおすすめします。

電波のない場所にいる

地下、山奥、農村部などは電波が届かない、もしくは弱いことが多いです。自分の知らない間に相手が山や農村地帯などに出向いている可能性もあります。

電波のない場所にいる場合、電波の届く場所に移動するまで受信の確認や、相手に電話やメッセージを送ることができません。相手が電波のある場所に移動すれば、送信したメッセージを確認してもらえるでしょう。「心配しており連絡が欲しい」とメッセージや留守電に残しておきましょう。

災害地帯にいる

地震や突風などによってスマホや携帯電話が使えなくなることがあります。相手が被災地に住んでいない場合でも、旅行や諸事情などで出かけていた可能性もあります。

大規模な災害の場合、災害発生地域周辺の通信回線、電話回線がパンクします。数日間にわたって連絡が取れないという事態を引き起こしてしまいます。そうした中でも、SMSは利用できる確率が高いといわれています。

従業員と連絡が取れない場合の原因と対処法

従業員や法人関係者と連絡が取れない原因として、相手が自分の仕事に没頭している、会議に参加している、別のビジネスパーソンと話している、接待中などが考えられます。接待や商談中にはビジネスマナーとしてスマホの電源をオフにしている人も多いです。

相手は電話やメールを時間に余裕ができたらチェックするでしょう。留守電に連絡が欲しい旨を残しておくと、かけなおしてもらえるはずです。

また、従業員にスマートウォッチを支給すれば、移動中や自分の作業に没頭している時間にも、連絡に気づいてもらいやすくなります。

お客様と連絡が取れない場合の原因と対処法

お客様と要件があるにも関わらず連絡が取れないと業務が滞ります。法人関係者であっても、連絡が取れなくなることは十分にありえることです。以下、お客様と連絡が取れなくなった時の原因と対処法について説明していきます。

繁忙期で多忙を極めている

連絡を返せないほどに忙しく、余裕がないのかもしれません。締め切り間近の仕事に追われている、他の顧客の対応で忙しいといった状況を考えられます。

「短文で構わないから連絡を頂きたい」とSMSで伝えることをおすすめします。SMSは着信に気づきやすく、手軽に返信できるので返信を期待することができます。

メールに気づいていない

多くのビジネスマンは一日に何通ものメールの対応を行っています。顧客がメールを見落としていたり、他のメールに埋もれて気づかなかったりというケースも考えられます。

着信に気づきやすいとされるSMSを活用して、メールを送った旨や、なんらかのかたちで返信をお願いしたい旨を伝えてみましょう。

他社と契約することで問題が解消された

自社にとって重要なお客様であっても、別のビジネスパートナーを見つけた、商品の乗り換えをしていたというケースは珍しくありません。そうなると、お客様にとって返信の必要はなくなります。

「一言でも返信を頂きたい」とSMSで伝えてみることをおすすめします。現在の状況について記された返信を頂けることもあります。

お客様と連絡が取れない場合はSMSの利用が有効

顧客と連絡が取れなくなり、電話やメールの返事がない場合にはSMSを利用して連絡をとってみることをおすすめします。SMSは着信に気づきやすく、かつ手軽に返信を行えるので、返信を期待できます。たとえば、電話は相手の都合を考えて折り返す必要がありますし、メールは文章を考えなければならないなど手間がかかります。対して、SMSは短文のやりとりも許容されるツールなので、相手にとって返信する上での心理的ハードルが下がるでしょう。

顧客が「返信がめんどくさくなった」「他社に乗り換える」「購入する気がなかった」といったマイナス的な理由によって返信してこなかった場合でも、SMSであれば断りの連絡を頂けるケースも珍しくないと見受けられます。

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

KDDI Message Castは法人向けの信頼できるSMSサービスです。到達率は98%、開封率は86%なので大切な連絡も安心です。また、660文字までの長文を送ることもできるので、伝達事項が長文になった時も安心です。

料金形態はSMS送信通数に応じた従量課金制で、初期費用や月額費用などはかかりません。顧客との連絡を効率化できるため、社員のコア業務における生産性が高まることも期待できるでしょう。

まとめ

家族や恋人、友人と連絡が取れなくなったり、従業員やお客様と連絡が取れなくなったりした場合に戸惑ってしまうのは当然といえるでしょう。連絡が取れなくなった場合には、落ち着いて考え、相手の予定を思い出したり、状況を予想してみたりすることも大切です。

お客様から折り返しの電話がない、メールの返信がないといった場合には、SMSを利用した連絡がおすすめです。SMSは通知に気づきやすく、かつ手軽に返信できることからもお客様からの返信を期待できるといえるでしょう。

▼KDDI Message Cast(KDDIメッセージキャスト)詳しくはこちら

https://sms.supership.jp/