業種:人材業界
SMS(ショートメッセージ)送信サービスの転職での活用ケース

求職者と企業をマッチングさせる転職サイトや転職エージェントでは綿密なコミュニケーションが重要になってきます。その手段の1つとして活用が広がっているのが一斉送信やAPI連携などさまざま便利機能があるSMS(ショートメッセージ)送信サービスです。

この記事では、SMS送信サービスを活用することでどのようなメリットを得られるのか、転職での活用ケースを交えてご紹介します。

転職業界でのSMS活用のポイントと課題感

課題感

  • 求職者は日中に働いている場合が多いため電話に出てもらえず、連絡が取れない。
  • 希望に合致する求人情報をメールで送っているが、見てもらえていないのか反応があまり良くない。
  • 転職セミナーなどイベントへの参加者を増やしたい。

SMS活用のポイント

  • 電話に出ていただけない求職者にSMSで要件や対応可能な時間帯を伝えることで、都合の良いタイミングで折り返し電話をもらえる。
  • 開封率の高いSMSで求人情報やイベントの案内などを送ることで、確実に見てもらえる。
  • SMS送信サービスを利用することで一斉送信が可能になるため、業務が効率化できる。

SMS送信サービスの転職業界での活用ケース

通知手段としての活用ケース

背景

転職サイトで求職者の希望に合う求人情報があった場合や企業側からのアプローチがあった場合には、サイトのマイページにお知らせを出し、メールにて通知していた。

課題

メールが埋もれて気づかれていないのか、数日経っても見てもらえないケースが多くあった。確実に見てもらえる通知手段が欲しい。

解決方法・効果

到達率・開封率の高いSMSで通知することで、確実に見てもらえるようになった。求職者は日中に仕事をしている場合が多いので、1日1回だけ夕方や夜に通知して邪魔にならないように心がけた。

リマインド連絡での活用ケース

背景

転職イベントやセミナーの参加率を高めたい。また、面談の日時を勘違いしていて、再度スケジュール調整が必要になることがあった。

課題

直前でのキャンセルやスケジュール調整を減らしたい。

解決方法・効果

SMSで転職イベントや面談の前日にリマインド連絡をすることで、日時の勘違いが減った。会場の場所や地図のURLを載せることで、迷って遅れるなどのトラブルもなくなった。

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

法人向けSMS「KDDI Message Cast」を利用することで、お客さまとの連絡などがスムーズに行えるとともに、手間や時間、コストを大幅に削減できます。

ぜひ一度、資料請求やお問い合わせから実際の費用感を確認してみてください。