法人向け「+メッセージ」配信サービス「KDDI Message Cast」の提供開始

2019年5月23日

2019年5月23日

KDDI株式会社

KDDIは、法人のお客さまと+メッセージの利用者となるエンドユーザーのコミュニケーションを円滑にする接続・配信サービス「KDDI Message Cast」を2019年5月23日より提供開始します。

「+メッセージ」は、携帯電話番号だけでメッセージをやりとりできるSMS (ショートメッセージサービス) の機能を進化させたサービスで、2018年5月よりKDDI株式会社、株式会社NTTドコモ、ソフトバンク株式会社の3社でサービスを開始しました。

今回提供する「KDDI Message Cast」は、法人のお客さま側の既存システムとAPI連携することにより、自社のエンドユーザーへ携帯電話番号でのメッセージ配信や双方向のやり取りをすることが可能です。また、開発が不要な入稿ポータルのご利用による配信を行うことも可能です。

法人のお客さまは、確実に自社のエンドユーザーへ届けることが可能となり、従来の電話対応や紙の送付など配信コスト削減にもつながります。重要なお知らせや契約更新、アンケート連絡、予約情報のリマインドなどの確実性を高めたい配信にも「KDDI Message Cast」をご活用いただけます。エンドユーザーとしては、信頼ある「認証済みマーク」で送られてくるため安心・安全に受信できます。

また、「+メッセージ」配信不可のユーザーへはSMSに自動変換するフォールバック機能を利用することにより、「+メッセージ」アプリがインストールされていないお客さまに自動的にSMS配信可能となります。すでにSMSをご利用されている法人のお客さまも、「KDDI Message Cast」への簡易な切り替えが可能です。

第1弾の公式アカウントとして株式会社新生銀行 (本社: 東京都中央区、代表取締役社長: 工藤 英之) が参画し、新規口座開設のキャンペーンや本人認証の実証実験を開始します。
また、株式会社じぶん銀行 (本社: 東京都中央区、代表取締役会長兼社長: 臼井 朋貴)、三菱UFJニコス株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 井上 治夫)、讀賣テレビ放送株式会社 (本社: 大阪府大阪市中央区、代表取締役社長: 伝川 幹) も順次実証実験を予定しており、金融機関、クレジットカード会社、保険会社、航空会社、旅行・ホテル、運輸・宅急便、人材などのさまざまな業界で利用が可能です。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、”ワクワクを提案し続ける会社”として、法人のお客さまのビジネスに貢献し、新しい体験価値を創造していきます。

「KDDI Message Cast」

詳細は別紙をご参照ください。

(社名/五十音順)

別紙: 法人向け「+メッセージ」配信サービス「KDDI Message Cast」の提供開始

<別紙>
■「KDDI Message Cast」について

1.概要
写真、動画などコンテンツの配信や、双方向配信が可能な「+メッセージ」による法人のお客さま向け配信サービス。
法人のお客さまの既存システムとのAPI連携による配信が可能。また、法人のお客さまの開発は不要で、入稿ポータルのご利用による配信も可能。
分かりやすいUIによる配信や、簡易なシナリオを組めるオーケストレーション機能 (注1)。
携帯電話番号で法人のお客さまから自社のエンドユーザーへのメッセージ配信。
「+メッセージ」をご利用になっていないエンドユーザーにも、同じ配信システムでSMSの代替配信が可能 (注2)。

2.メリット
コストの削減
法人のお客さまにおけるエンドユーザーへの連絡が、従来の電話による架電や、紙媒体の配信から代替することが可能。また、パートナー企業の自社製品・サービスと連携することで自動応答の仕組み構築が可能。
信頼あるアカウントでエンドユーザーに通知可能
「認証済みマーク」を利用することでなりすまし防止となり、エンドユーザーにとって信用あるメッセージの送付が可能。
メッセージに加え、写真や動画といった視覚的な表現が可能
ウェブ請求書やお客さまセンターへの電話番号案内など、エンドユーザーの次のアクションを画面上に表示できる。
迅速に確実に伝達
本人確認性の高い携帯電話番号で、エンドユーザーにアプローチが可能。
開封状況の把握
配信メッセージの開封状況の把握が可能。

3.提供開始日
2019年5月23日

4.パートナープログラムの開始
パートナープログラムとは、「KDDI Message Cast」をAPIで連携したパートナー企業の自社製品・サービスを、法人のお客さまへ提供するものです。
法人のお客さまにとっては、既に以下パートナー企業の製品・サービスをご利用の場合、スムーズな導入が可能です。
パートナー企業にとっては自社サービスで「+メッセージ」への配信が可能になり、自社ソリューション拡大にもつながります。今後もパートナー企業は拡大予定です。

<パートナープログラム参加企業>

・株式会社ALBERT (本社: 東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO: 松本 壮志)
AIとオリジナルの言語処理エンジンを搭載した高性能チャットボット「スグレス」と連携。
・株式会社KDDIエボルバ (本社: 東京都新宿区、代表取締役社長: 中澤 雅己)
コンタクトセンターを中心としたBPOサービスに加え、SMSやAIチャットなど、CXを高めるソリューションを提供。
・ZOYI Corporation (日本支社: 東京都新宿区、代表取締役: チェ・シゥオン)
チャネルトークはオンラインでチャットや自動応対ツールを用い顧客とコミュニケーションできるツールです。
・モビルス株式会社 (所在地: 東京都品川区、代表取締役社長: 石井 智宏)
モビエージェントは、チャットボットと有人対応により、顧客サポートを効率化するチャットシステムです。
・LivePerson Japan株式会社 (日本支社: 東京都渋谷区、代表取締役: 金田 博之)
LivePersonはコミュニケーションを進化させ、シンプルな日常を提供します。
・株式会社LignsApps (本社: 東京都港区、代表取締役 社長: 吾郷 真治): CPaaS (コミュニケーション機能のクラウド提供) サービスへ採用。
(社名/五十音順)

5.お問い合わせ先
KDDI 法人営業担当者または法人お客さまセンターにご連絡ください。

<法人お客さまセンター>
フリーコール 0077-7007 (無料)
フリーコール 0120-921-919 (無料)

受付時間:
9:00~18:00 (土・日・祝日・年末年始を除く)
注1)
あらかじめ登録しておいた複数のメッセージ (シナリオ) を、決められたタイミングに、自動で配信する機能。
注2)
6月末以降に提供予定。

※この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。