SMS(ショートメッセージ)送信サービスのクレジットカード・金融業界での活用ケース

SMS活用事例

2021年8月19日


クレジットカードなどを扱う金融会社や銀行では、支払いや引き落としの通知、商品の案内や督促など、お客様に重要な連絡を行う機会が多くあります。しかし、電話やメール、DM等では連絡がとれずに支払いが滞ってしまったり、お客様に有用な商品やサービスの案内を見て頂いていないのではと不安になるなど、課題を抱えているところも少なくありません。

この記事では、SMS(ショートメッセージ)送信サービスを活用することでどのようなメリットを得ることができるのか、活用ケースを交えてご紹介します。

SMS(ショートメッセージ)活用のポイントと課題感

課題感

  • 電話やメールでは連絡がとれない方への連絡手段が欲しい。
  • 督促やリマインド通知を確実に届けて、支払い忘れや滞納を減らしたい。
  • サービスや商品の案内にかかる手間やコストを減らしたい。
  • ネットバンキングのセキュリティを強化したい。

SMS(ショートメッセージ)活用のポイント

  • SMSを利用することで、多忙な方やメールアドレスを変更した方にもメッセージを届けることが可能。
  • 到達率や開封率の高いSMSを使うことで、督促通知を読んでもらいやすくなる。
  • DMなどで送っていた商品案内をSMSに切り替えることで、手間やコストを削減することが可能。
  • ネットバンキングのアクセスにSMS認証を追加することで、不正アクセスなどを防止し、セキュリティを強化できる。

SMS(ショートメッセージ)送信サービスのクレジットカード業界の活用ケース

活用ケース①

背景
ローンのお申し込みなどで申請内容に不備があった場合、まず電話をして、つながらない際にはメールを送信し、お客様からの折り返しの電話をお願いしていた。

課題
手間がかからずスムーズに確認作業ができる連絡手段が欲しい。

解決方法・効果
SMSを利用することでお客様が不備内容を迅速にご確認いただけ、申請情報の不備で契約を完了できない状況を早く解消できるようになった。

活用ケース②

背景
支払いが遅延している方へメールで連絡しているが、延滞率を下げるために効率の良い方法を探していた。

課題
お客様ご本人と安全かつ効果的に連絡がとれる手段が欲しい。

解決方法・効果
到達率や開封率が高いSMSを利用して、契約者ご本人の携帯電話宛に返済日のお知らせやコンビニ電子払いのURLのご案内などを送ることで延滞率を下げることができた。

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

法人向けSMS「KDDI Message Cast」を使いDMのコストを抑え、電話での連絡の取りづらさも解消し、お客様と確実性高いコミュニケーションをとることが可能です。ぜひ、一度資料請求やお問い合わせから実際の費用感を確認してみてください。

「KDDI Message Cast」のサービス概要

SMS送信サービス「KDDI Message Cast」の詳しい特長については、資料請求/お問い合わせにてご確認ください。