SMS(ショートメッセージ)送信サービスの運送・配送業での活用ケース

SMS活用事例

2021年8月20日

「約束の時間に訪問しても相手が不在で、再配達や再訪問が必要になる」というケースは宅配・配送業務に従事している方であれば、度々発生することではないでしょうか。

今回の記事では、再配達・不在率を減少させる一つの方法として、SMS(ショートメッセージ)をリマインド通知として活用する方法をご紹介します。

運送・配送業のSMS(ショートメッセージ)活用のポイントと課題感

課題感

  • 再配達が増加することで、配送にかかる人件費や燃料費がかさむ。
  • 再配達になることで、荷物の保管料がコストとしてかかる。
  • 再配達が繰り返されることで、配送スタッフに心理的・体力的負担がかかる。

SMS(ショートメッセージ)活用のポイント

  • 到達率・開封率の高いSMS(ショートメッセージ)を活用することで、配送日の前日や当日にリマインド通知を確実に届け、在宅を促すことが可能。

SMS(ショートメッセージ)送信サービスの運送・配送業での活用ケース

配達予定日のリマインドでの活用ケース

背景
配達予定日の連絡を配達担当者が配送先へ電話やメールで連絡を行っていた。

課題
配達予定日を電話やメールで連絡するが、配送先へ連絡がなかなか繋がらず、予定日に配達しても不在で、再配達になってしまった。

解決方法・効果
配達予定日の前日と当日にSMS(ショートメッセージ)を送ることで、当日や直前にリマインド通知を確実に届けることが可能。連絡が繋がらないことによる再配達を防いだ。

天候や事故など道路状況の影響による配送状況確認案内の活用ケース

背景
天候や事故など道路状況の影響によって、お届けする商品の到着が予定よりも遅延する事態が発生した。

課題
天候や事故など道路状況の影響で発生した配送遅延に関する問い合わせの連絡が殺到し、電話対応に追われてしまった。

解決方法・効果
天候や事故など道路状況の影響による配送遅延等をSMS(ショートメッセージ)で案内することで、お客様から配達状況をお問い合わせ頂く事態を回避できた。

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

法人向けSMS送信サービス「KDDI Message Cast」を利用することで、お客様との連絡などがスムーズに行えるとともに、手間や時間、コストを大幅に削減できます。
ぜひ、一度資料請求やお問い合わせから実際の費用感をご確認してみてください。

「KDDI Message Cast」のサービス概要

「KDDI Message Cast」の詳しい特長については、資料請求/お問い合わせにてご確認ください。