お客さまへの連絡手段として郵便やメール、電話といったツールを活用しているものの「郵便通知や電子メールによる連絡の開封率に課題がある」「お客さまに電話をしても、なかなかつながらない」などの課題を抱えたことはございませんか。

こうした課題を解決する手段として注目されているのがSMSによるメッセージ送信です。SMSは到達率98%(※)、開封率80%(※)とお客さまへ重要なお知らせを確実に届けるツールとして非常に優れています。※当社調べ

こうした背景から近年、確実な情報伝達手段としての活用や、業務の効率化などを目的にSMS送信サービスを利用する企業が増えています。今回は、郵便やメール、電話といったツールを利用した際の課題感とSMSで送信するメリットをご紹介します。

既存の連絡手段の課題感

郵便通知の課題

  • 書面を送付したはいいものの、内容を読んでもらえているのかが分からない
  • 書面の印刷費・郵便代金をはじめコスト面が課題となっていた
  • その他のハガキやDMなどに埋もれてしまって気付いてもらえない
  • 送り先の住所が変わっていて郵便通知が届かない
  • 郵便通知の到着までに日数を要してしまう

メール連絡の課題

  • その他のメールに埋もれてしまい、大事なお知らせをメールで送っても見てもらえない
  • メール設定によっては、ブロックや迷惑メールに分類されてしまうなど内容を見てもらえない
  • アドレス変更が容易なため、お客さまにメールが届かない

電話連絡の課題

  • 日中お客さまに電話連絡をしても連絡がつかないケースが多発している
  • 再架電によってスタッフの業務負担が増加している
  • 知らない電話番号からの連絡になかなか出てもらえない

ビジネスにSMS送信サービスを活用するメリット

連絡内容を確実に届けられる

電話が取れなかったお客さまやメールを見逃していたお客さまに対して、SMSを送信することで確実に要件を伝えることができるようになった。スマートフォンにプッシュ通知が届くためお客さまが気づきやすく、開封率も高いため内容を確認していただきやすいことから連絡ツールとして有効的だった。

スタッフの業務負担を軽減してDX(デジタルトランスフォーメーション)化を推進

既存ツールでの連絡に加えて、SMSでリマインドを送付することで連絡の不達率が改善され業務の効率化を実現。またSMS送信サービスはSMSの一斉送信が可能なため、1件1件再架電などの対応をする必要がなくなり業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)化の推進につながった。

あらゆるコストを削減

郵便通知の場合、書面の印刷費や1通1通の郵便代金などのコストがかさんでいたが、SMSは送信通数に応じた課金のしくみになっているため、郵便通知と比較してコストを抑えることができた。

また電話の場合、スタッフが1件1件電話連絡をする必要があり、また連絡不達時には再架電を行うため人件費が高くなっていたが、SMS送信サービスを導入することで、工数を抑えての情報伝達と一斉送信が可能となり人件費の削減にもつながった。

ペーパーレス化の実現

SMSにURLを記載してWEBページへ誘導することで、郵送で送っていた通知物の代替が可能となりペーパーレス化を実現できた。

▼実際の導入事例はこちらから
KDDI株式会社電話、書面での連絡をSMSに切り替え – SMS送信サービス「KDDIメッセージキャスト」

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

法人向けSMS送信サービス「KDDI Message Cast」を利用することで、お客さまとの連絡などがスムーズに行えるとともに、手間や時間、コストを大幅に削減できます。

ぜひ一度、資料請求やお問い合わせから実際の費用感を確認してみてください。