ポスティングとは?メリットやおすすめな場合について解説!

ポスティングとは、チラシや手紙などをポストへ投函する行為を指します。様々な世帯へ販促チラシを届けることができるため、WEB広告の活用が多くなった現在においてもよく採用されている宣伝方法です。なぜ、ポスティングが多くの企業に選ばれているのでしょうか。具体的なメリットを含め、ポスティングをおすすめしたいケースについて本記事では解説します。

ポスティングとは?

ポスティングとは、宣伝を目的として企業や店舗の販促チラシをポストへ直接投函する行為です。

例えば、自宅のポストに以下のようなものが入っていたのを見かけたことがあると思います。

・宅配ピザやお寿司のメニュー表

・店舗オープンのお知らせ

・地方自治体から発行された広報誌

・工事の案内 

毎日様々なものがポストに届きますが、これらの大半はポスティングの配布員が住戸を1軒ずつ回って投函しています。自社でポスティングを行っても良いですが、時間がかかるだけでなく人手を確保する手間も生じるため専門業者に委託をする企業がほとんどです。

IT化が進みWEB広告がごく一般的となった現在でもなお、多くの企業がポスティングを採用して紙媒体による宣伝を行っています。その理由は、WEB広告では得ることのできないメリットが存在するからです。

ポスティングのメリット

ここでは、ポスティングを採用することのメリットを具体的にご紹介します。

新聞を受け取らない世帯にもアプローチが可能

紙媒体を用いた宣伝方法として、昔は新聞の折り込みチラシの方が主流とされていました。

しかし新聞の購買者が減少しつつある近年、折り込みチラシでは幅広い層に届けることが難しくなっています。届いたとしても、他のチラシに紛れやすく視認率が低いというデメリットもあります。

ポスティングであれば住戸のポストに直接チラシを投函するので、新聞を購買していない世帯にも宣伝をすることが可能です。また、届いたチラシはほぼ必ず手に取ってもらえるため、折り込みチラシよりも視認率が高まるとされています。

潜在顧客にサービスの利用を促せる

インターネットが普及し、手元のスマートフォンから多くの情報を得られるようになった現在は利用者自身が情報を選別する時代です。そのため自社のサービスを知らない人、つまり「潜在顧客」へ直接的なアプローチを行う必要があります。

例えば、ポストに入っていた宅配ピザのメニュー表を見かけた際に、ふと「ピザが食べたくなってきたな、注文しようかな」と考えたことはないでしょうか。それまではサービスを利用する気がなかった人やサービスを知らなかった人に、利用してもらうきっかけを作ることができます。

これこそが、販促物を手に取ってもらえるポスティングならではのメリットです。

ターゲットを絞って宣伝できる

ポスティングは、主に「ローラー配布」と「セグメント配布」という2種類の配布方法から選択可能です。

それぞれ、以下のような違いがあります。

・ローラー配布:指定されたエリア内にあるほぼすべての住戸に配布

・セグメント配布:マンションや一戸建てなど対象を絞って配布

より多くの人へ宣伝をしたい場合はローラー配布が適していますが、アプローチをしても効果が期待できない層を避けて宣伝したい場合はセグメント配布がおすすめです。

例えば「戸建て住まいの方に宣伝したいリフォーム業者」や「ケーブルテレビに未加入なマンションの住人に宣伝したいケーブルテレビ業者」であれば、セグメント配布が向いているでしょう。

ターゲット層に合わせて宣伝の範囲を指定できるため、潜在顧客へ効率的にアプローチすることが可能です。

コストパフォーマンスが高く取り入れやすい

ポスティングの費用は地域や配布方法によって異なりますが、費用の相場としては以下の通りです。

・ローラー配布:3~6円/枚

・セグメント配布:5~10円/枚

ダイレクトメールの場合は1通あたり70〜80円が相場となっているため、ポスティングはコスト削減にも有効的な宣伝方法と言えます。効率的に集客をしたいけれど、費用もできる限り抑えたい方にはポスティングが適しているでしょう。

また、ポスティングの魅力として「料金体系が分かりやすい」という点も挙げられます。

ITに詳しくない方にとって、PV数やクリック回数ごとで単価が決まるWEB広告は費用が把握しづらいイメージがあるのではないでしょうか。

ポスティングの場合、「チラシ1枚につき◯円」とシンプルな料金体系となっています。必要な費用が分かりやすいうえにリーズナブルなので、誰でも簡単に取り入れることができる宣伝方法です。

ポスティングはどういう場合におすすめ?

ポスティングを採用することで高い宣伝効果が得られる方の条件は、以下の通りです。

・宣伝するターゲット層を指定したい方

・地域密着型の店舗や施設を経営している方

紙媒体による宣伝は、不特定多数の世帯へむやみに実施しても効果は得られず、時間と費用の無駄遣いとなってしまいます。しかしポスティングは「戸建て住まい」や「マンション」など宣伝の範囲を柔軟に指定することができるため、ターゲットが限定的な業種に適しています。

また、美容室や個人経営の飲食店、整骨院などのお店は、近隣に住む人が主な客層です。ポスティングは「エリア」を指定した配布も可能なので、「地域密着型のお店」や「近隣住民にサービスの存在をアプローチしたい業者」は高い効果が期待できます。

他にも「エリアごとに異なる資料を配りたい」「確実にターゲットへ届く宣伝方法を求めている」という方はポスティングがおすすめです。

ポスティングよりもSMSの方がおすすめな場合は?

自社の商品やサービスの宣伝において様々なメリットが得られるポスティングですが、より視認率を高めて多くの人に利用を促すのであれば「SMS」がおすすめです。

その理由は、以下3つのメリットにあります。

・他の宣伝方法より圧倒的に視認率が高い

・URLの添付でそのまま自社サイトへ誘導可能

・携帯番号だけでターゲット層に届けることができる

ほとんどの方はスマートフォンにプッシュ通知を設定しており、SMSを受信するとポップアップが表示されるため高確率で見てもらうことができます。メッセージ内にURLを添付すれば自社サイトへ誘導することもできるという点も、SMSならではのメリットです。

また、SMSは「携帯番号」さえ分かればメッセージを送信できます。住所やメールアドレスのように変更される機会が少ない情報なので、特定のターゲットへ長期的なアプローチが可能です。

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

KDDI Message Cast は一斉送信も可能な使い勝手のよさがあり、到達率は98%以上と多くの方に見てもらえるSMS送信サービスとなっています。

完全従量料金制で、コストパフォーマンスの高さも魅力です。初期費用・月額費用ともに無料なうえ、2ヵ月間の試用期間もあるため気軽に導入いただけます。SMSでの宣伝を検討されている方は、効率的な集客と費用対策がしやすい KDDI Message Castをぜひご利用ください。

まとめ

ポスティングとは、販促を目的としてチラシを各住戸のポストへ投函する宣伝方法です。コストパフォーマンスが高いだけでなく、地域や住居形態など特定のターゲットに絞った宣伝が可能なので効率的な集客が期待できます。しかし、「より確実にターゲットが見てもらえるような宣伝がしたい」「宣伝においてコストを重視している」「自社サイトに誘導したい」と考える方はSMSの活用がおすすめです。その際はぜひ KDDI Message Castのご利用ください。

▼KDDI Message Cast(KDDIメッセージキャスト)詳しくはこちら
https://sms.supership.jp/

参考サイト:
https://imitsu.jp/cost/dm/article/posting
※配布方法と費用の相場を参考