AppleのiPhoneでSMSを利用する方法は?Apple IDを狙うフィッシング詐欺に注意!

SMSとは

AppleのiPhoneではSMSを利用することができるのかがよくわからずに困っている方もいるのではないでしょうか。Appleでは独自のサービスを開発しているケースが多いため、SMSは使えないのではないかと考えるかもしれません。しかし、AppleのiPhoneでも気軽にSMSを使えるので、利用方法について確認しておきましょう。この記事ではAppleのiPhoneでSMSを使うときに注意が必要なフィッシング詐欺についても解説します。

AppleのiMessageとSMSの違いとは?

AppleのiMessageとSMSの違いとは?

AppleのiPhoneではショートメッセージを送信する方法としてSMSの他にiMessageがあります。iMessageはAppleのiPhoneやiPad、iPod touchなどに標準でインストールされているメッセージアプリです。AppleのiPhone同士で短いメッセージのやり取りをするときにはiMessageを使用するケースが目立ちます。

SMSはiPhoneなどのAppleの製品だけでなく、他社の携帯電話やスマートフォンにもショートメッセージの送信が可能です。SMSはNTTドコモ、au、Softbankなどの多数のキャリアが対応しているサービスです。AppleのiPhoneでSMSを使用するにはテキストメッセージを送受信できるプランが必要になります。

AppleのiMessageとSMSはどちらもメッセージのやり取りを簡便におこなえる点は共通です。しかし、通信方法が異なっていて、iMessageではデータ通信を使うのでWi-Fiやモバイルネットワークを介して送信します。しかし、SMSはキャリアなどの通信業者の回線を使用するのが特徴です。この他にもSMSは短いテキストしか送れないのに対して、AppleのiMessageでは写真や動画なども送信できるという違いがあります。

iPhoneでSMSを利用するために設定する手順とは?

AppleのiPhoneではiMessageを使用することが多いので、SMSを利用するために設定が必要と思われがちです。しかし、AppleのiPhoneでSMSを使用するのに設定は不要で、キャリアとの契約がSMSに対応していればすぐに使えるようになります。ただ、長文のメールを受信可能なMMSを利用するには設定が必要です。

SMSは電話番号を利用してメッセージをやりとりできるのに対し、MMSはメールアドレスを使用しメッセージのやりとりができます。

MMSの設定はAppleのiPhoneの「設定」画面からおこなえます。設定画面の「メッセージ」を開くと「MMSメッセージ」という項目があるのでオンに切り替えましょう。すると「MMSメールアドレス」の欄が表示されるので、メールアドレスを入力します。これでiPhoneにおけるMMSの設定は完了です。

iPhoneのSMSを新規作成、送信する手順とは?

AppleのiPhoneでSMSを新規作成して送信するには「メッセージ」のアプリを使用します。ホームから「メッセージ」を選択して起動し、画面の右上にある鉛筆マークの新規メッセージボタンをタップしましょう。すると上部に「新規メッセージ」と表示された画面が登場します。

宛先にSMSの送信先の携帯電話番号を入力します。そして、本文を入力したら「↑」をタップするか、「送信」を実行すればAppleのiPhoneからSMSを送信できます。なお、SMSではメールのように件名を表示することはできません。もし件名付きのメッセージを送りたいならMMSを使用する必要があるため、設定画面からMMSをオンにして「件名欄を表示」機能を入れておきましょう。

iPhoneのSMSを確認、返信する手順とは?

AppleのiPhoneで受信したSMSをチェックしたり、返信したりするときにも「メッセージ」アプリを使用します。ホームからメッセージを起動すると、今までに届いたSMSやMMSの一覧が表示されます。そのリストから確認したいSMS/MMSを選んでタップすればチャット形式でメッセージを表示することが可能です。

SMSやMMSに返信するときにはメッセージをチャット形式で表示した後、下部にあるメッセージ入力欄に本文を入れて「↑」をタップするだけです。チャットの中に吹き出しで自分のメッセージが表示されたのを確認して返信が送信されたかどうかをチェックしておきましょう。

Apple IDの期限切れを装うSMSには要注意!

Apple IDの期限切れを装うSMSには要注意!

AppleのiPhoneでSMSやMMSを使用するときにはフィッシング詐欺の対策をしましょう。Apple IDをフィッシングしようとする詐欺が横行しているからです。Apple IDとパスワードが悪意のある人に知られてしまうと、アカウントに含まれている個人情報が漏洩したり、アカウントを乗っ取られたりするリスクがあります。

AppleのiPhoneはユーザーが多いこともあって狙われやすい傾向があります。Apple IDの確認が必要になったから、記載のURLにアクセスしてサインインするように促すものがフィッシング詐欺の典型例です。以前はAppleのiPhoneを紛失した方を狙い、落とした場所を確認するためのURLを伝えるフィッシング詐欺も横行していました。

近年ではApple IDが今日の時点で期限切れになるから、確認をして期限切れを防ぐ必要があるというApple SupportからのSMSが届くという詐欺があります。Apple IDには期限がないので明らかなフィッシング詐欺ですが、すぐに確認しないとApple IDが無効になってしまうかもしれないと不安になるでしょう。そして、URLにアクセスしてIDやパスワードを入力してしまうと悲惨な結果になってしまいます。

このような形でフィッシングサイトに誘導する詐欺は次々に生まれてきています。AppleのiPhoneやiPadなどを狙うフィッシング詐欺はこれからも新しいやり方が登場する恐れがあります。Apple IDやパスワードの入力を促す手口が主流なので、むやみにSMSやMMSに記載されているURLにアクセスしてID情報などを入力しないように気を付けましょう。

SMSメッセージがフィッシング詐欺かを見破るための方法とは?

AppleのiPhoneに限らず、SMSが送られてきたときにフィッシング詐欺かどうかを見分けることはできます。ここでは特にSMSに記載されているURLにアクセスしてしまった時点でフィッシングサイトかどうかを見破る方法をご紹介します。

SSL/TLSがかかっているかをチェックする

AppleのiPhoneでSMSからサイトにアクセスしたときにはSSL/TLSの確認をしましょう。Apple IDやパスワードの入力を求められるAppleの公式サイトなら、SSL/TLSが利用されています。SSL/TLSとはデータ通信の暗号化の方法で、フィッシングサイトでは利用していない場合が多くなっています。アドレスバーを見て、左端に鍵マークがあるならSSL/TLSを利用しているため、信頼できるサイトだと判断可能です。

URLがhttpではなくhttpsかを確認する

Appleの公式サイトかどうかを見極め、フィッシングサイトではないと判断するにはアドレスを確認するのも良い方法です。SMSに記載されているURLが短縮URLになっていて、一目見ただけでは安全かどうかがわからないこともあります。しかし、アクセスしてからアドレスバーを見てみると安全なサイトかがわかります。「http」ではなく「https」で始まっていればAppleの公式サイトだと判断可能です。

Apple Payの認証コードで、改めてSMS認証が注目されている!

Apple PayはiPhoneなどのAppleのモバイル製品を使用している方なら興味を持っている場合が多いでしょう。決済手段としてApple Payはよく用いられるようになっています。

Apple Payでは本人確認の方法として認証コードを使用するシステムになっています。Apple PayではSMSによって認証コードが送信される仕組みです。本人確認手段として携帯電話番号との一対一の関係ができてきたことからSMS認証が採用されています。

この影響を受けて企業ではSMS認証の利用が進められています。SMSは電話の回線を使用することからセキュリティが高く、インターネット回線を使うのに比べて安全な形で本人認証をおこなえる方法です。迅速な情報の通達手段にもなることから、すぐにユーザーに情報を届ける必要がある認証のシーンでSMSの有用性が再認識されるようになりました。

SMS認証はワンタイムパスワードの発行などにも応用されるようになっています。クーポンや本人限定キャンペーン情報を送付したときにSMS認証をするケースも増えてきました。Apple Payで採用されたことで注目度が高まり、利用シーンが広がってきているのが現状です。

まとめ

AppleのiPhoneではiMessageによるメッセージだけでなくSMSやMMSによるメッセージの送受信ができます。SMS認証が広まったことによってAppleのiPhoneユーザーもSMSを利用するケースが増えてきました。企業としては効果的なユーザーへのアプローチ方法として着目する価値があります。KDDI Message CastではSMS送信サービスを提供しています。効果的なSMSマーケティングの実施に適している低価格で安全性の高いサービスですのでぜひご利用ください。

▼KDDI Message Cast(KDDIメッセージキャスト)詳しくはこちら

https://sms.supership.jp/

SMSとは

本人認証サービス(3Dセキュア)とは?仕組みやメリットなどについて解説!
2022年4月22日 SMSとは

本人認証サービス(3Dセキュア)とは?仕組みやメリットなどについて解説!

VISA・MasterCard・ JCB・ AMEXといったクレジットカードブランドは、インターネット上で安全にクレジッ

2022年4月6日 SMSとは

DM・ダイレクトメールとは?開封率を上げていく方法とは?

DM・ダイレクトメールとはどのような魅力がある手法なのかが気になっているかたもいるのではないでしょうか。メッセージによる

SMSのコストは?サービスの選び方や、コスト面のSMSの利点を解説!
2022年3月17日 SMSとは

SMSのコストは?サービスの選び方や、コスト面のSMSの利点を解説!

SMSを利用するときにはコストがかかります。個人で使用するときと法人が活用するときではSMSのコストに違いがあることをご

簡単にシステム連携が可能なSMSのAPI方式とは?
2022年3月17日 SMSとは

簡単にシステム連携が可能なSMSのAPI方式とは?

最近、企業におけるSMS(ショートメッセージ)の利用が活性化されており、様々なSMS送信サービスの導入を企業が検討してい

SMSはなぜ有料?有料でも企業に注目される理由も解説!
2022年3月2日 SMSとは

SMSはなぜ有料?有料でも企業に注目される理由も解説!

SMSはなぜ有料のサービスなのかが気になっている方もいるのではないでしょうか。メールを送信するのは無料なのに、SMSは有

SMSはメルマガより効果的?SMSとメルマガ・LINEの違いも解説!
2022年3月2日 SMSとは

SMSはメルマガより効果的?SMSとメルマガ・LINEの違いも解説!

SMSはユーザーにアプローチする方法として注目されるようになりました。メッセージを伝えるマーケティングの方法としてメルマ

ブログ一覧