SMSマーケティングとは?活用事例やメリット・デメリットを解説!

SMSとは

SMSのビジネス活用が進められるようになり、SMSマーケティングもよく展開されています。SMSを活用してビジネスチャンスを手にしたいなら、SMSマーケティングは効果的なアプローチの1つです。SMSマーケティングとはどのような方法なのでしょうか。この記事ではSMSマーケティングのメリットやデメリット、具体的な活用事例についてご紹介します。有用性の高いマーケティングのアプローチとしてぜひご検討ください。

SMSマーケティングとは?

SMSマーケティングとは?

SMSマーケティングとはショートメッセージサービスと呼ばれるSMSをコミュニケーションツールとして用いるマーケティング施策です。SMSはスマートフォンやフィーチャーフォンで送受信できる短い文字数のテキストメッセージで、多くのキャリアの端末で共通システムとして利用できます。携帯電話番号をメッセージの宛先にするのがSMSの特色で、個人と一対一の対応になっていることからDMのように活用できる連絡手段として注目されています。

SMSマーケティングでは顧客にSMSを送信してビジネスチャンスを生み出す方法です。SMSは顧客の電話番号を使って送信するので、顧客は自分のための情報だと期待してくれます。魅力的な情報をSMSで送ってもらえたら、すぐに行動を起こして商品やサービスの購入をしてもらえるでしょう。Eメールや電話のように即時で顧客にアプローチできることから、有用性の高いマーケティング手法としてSMSの活用が進められています。

SMSマーケティングのポイントとは?

SMSマーケティングのポイントとは?

SMSマーケティングについて耳にしたことがある方は、実際にマーケティングを展開する上でのポイントをまず押さえておきたいでしょう。ここではSMSマーケティングにおける重要なポイントを解説いたします。

短いメッセージで付加価値のある内容に仕上げる

SMSマーケティングではユーザー視点で付加価値のある内容を可能な限り短いメッセージで送るのが重要なポイントです。SMSはさっと見て内容をチェックし、不要な情報は排除して、有用な情報なら詳細を見るというユーザーが多くなっています。あまりにも長いSMSを送っても、最初の数十文字しか読んでもらえません。長すぎると迷惑メールだと思われてしまい、すぐに受信拒否されることもあるので気を付けましょう。

SMSはスマートフォンで受信したときにプッシュ通知を受け取る設定にしているユーザーが多いのが特徴です。SMSマーケティングではこの点に着目し、プッシュ通知でポップアップされるわずかな文で、魅力を感じ取ってもらえるようにすると効果が上がります。冒頭部分の内容を充実させて、このSMSは自分のための情報だと思ってもらうことを目指しましょう。

SMSの文字数制限は原則として70文字ですが、弊社サービスのように660文字まで入れられるようにするサービスも利用可能です。ただ、それでもむやみやたらに文字数を増やさずに必要な情報を短くわかりやすい形でまとめ、SMSの内容だけで伝えきれない情報はリンク先に設置するのがおすすめです。

最小限の送信先に抑えて一斉送信も検討する

SMSマーケティングでは一斉送信も検討するのがおすすめのアプローチです。SMSは携帯電話番号のリストがあれば、たくさんのユーザーにまとめて送信できます。同じ内容のメッセージでも多数のユーザーに届けることで、より多くのレスポンスを受けることが可能です。一斉送信なら個別送信に比べて手間が少なくて済むため、コストパフォーマンスが高くなると期待できます。

ただし、SMSマーケティングでは送信先の数は最小限に抑えた方が良いでしょう。SMSは1通送信するごとに数円から数十円程度のコストがかかります。レスポンスが全くないユーザーに何度もSMSを送信しているとコストが増えるだけで結果に結びつきません。効果が上がりやすいユーザーを選定してターゲットにするのがSMSマーケティングをする上では重要なポイントです。

一斉送信はSMS送信サービスを利用すると効率的におこなえます。しかし、顧客リストを使ってそのまま送信するのではなく、顧客を分類して内容に応じて送信先を最小限に絞り込むことが大切です。大多数に一斉送信するのは簡単ですが、SMSマーケティングのコストパフォーマンスが下がる原因になるので気を付けましょう。

短い自社のドメイン名を短縮URLの代わりに利用する

SMSマーケティングではメッセージを短くまとめることが重要なポイントなので、URLを記載するときにも注意が必要です。URLが長いときにはURLの文字数だけで70文字以上になってしまうこともあります。文字数制限を考慮しつつ、文字数によって配信コストも変わることを考えると、少しでもURLを短くしたいと思うのではないでしょうか。その際に有用なのが短縮URLです。

短縮URLを用いれば、SMS上に記載されているURLの文字数は短くできます。ただ、文字数を減らせる反面、フィッシング詐欺ではないかと疑われるリスクが生じるので気を付けましょう。SMSによるフィッシング詐欺の被害が増えているため、ユーザーも得体の知れない短縮URLにアクセスするのはためらいます。

ユーザーからの信用を勝ち取るためには短縮URLを使わずに短い自社ドメインを利用するのがおすすめです。「xxx.co.jp」のように偽造リスクが低い短いドメインを取得して使いましょう。SMSマーケティング用に短いドメインを取得して運用するのも賢い方法です。階層が深くならないように気を付けて運用すれば短縮URLを使わなくても短いメッセージに入れ込めます。

オプトインとオプトアウトの道筋を明確にする

SMSマーケティングでは特電法についての意識が必要です。特電法とは特定電子メール法の略称で、電子メールによる営業目的のメール送信についての規制が定められています。SMSも特電法の対象になるため、法律を遵守してSMSマーケティングをすることが必須です。

SMSマーケティングでは特電法に従ってオプトインとオプトアウトの道筋を明確にすることがポイントです。オプトインとはSMSマーケティングをする前に送信先のユーザーから事前承認を受けることを指します。オプトアウトはSMSが不要と思ったユーザーがSMSの受信をやめることです。オプトインもオプトアウトもユーザーが自分の判断で簡単にできるようにしておくのがSMSマーケティングをするときには不可欠です。

特にオプトアウトの意識がなくて問題になるケースがあるので気を付けましょう。SMSを受信しない設定をするためのURLかメールアドレスの連絡先を明示するのが典型的な方法です。ユーザーがどうやってオプトアウトしたら良いかわからないような形になっていて、SMSによるマーケティングが迷惑行為だと判断してしまうと大きなトラブルになる可能性があります。

SMS送信サービスを活用する

SMS送信サービスはSMSマーケティングを展開する上で役に立ちます。SMSはユーザーの携帯電話番号さえわかれば個別に送信することが可能です。ただ、原則としてSMSはスマートフォンやフィーチャーフォンから送信する仕組みになっています。多数のユーザーに対して同時にSMSを送信することもできないので、マーケティング目的でSMSを配信するのは大変です。

しかし、SMS送信サービスを使えば一斉送信をすることも、パソコンからメッセージを送ることもできます。業務効率を上げることに直結するので、SMSマーケティングのコスト削減にもなるのが魅力です。また、SMS送信サービスではスケジュールしたタイミングでSMSを送信したり、顧客情報を管理して送信先を設定したりすることもできます。

SMSマーケティングの効率を上げ、コストパフォーマンスを上げるためにはSMS送信サービスを使うのがおすすめです。SMSの送信に手間をかけすぎて人件費がかさんでしまわないようにしつつ、ユーザーにタイムリーな情報を提供できるようにするためにも、SMSマーケティングをするならSMS送信サービスを活用していきましょう。

定期的に改善を目指す

マーケティングをするときにはコストと比較して十分な利益を生み出せなければ意味がありません。マーケティング目的によってどのような指標で評価したら良いかは異なりますが、ビジネスでは基本的に売り上げの向上につながることが重要なポイントでしょう。

SMSマーケティングを始めたときには、効果測定をして定期的に改善のための施策を考えるのが大切です。SMSは1通ごとにコストがかかるので、少しでも配信先を減らせばコストが下がります。文字数によって1通の送信コストが変わるため、内容を吟味して短くする努力が必要なことに気づく場合もあるでしょう。

SMSマーケティングの結果を分析してみると、効果が上がっているからもっと送信先を増やした方が良いという判断になることもあります。逆に効果が出ていないのがメッセージを短くし過ぎて魅力が伝わっていないからだとわかるケースもあります。このような多角的な視点で見直しをして、より良いSMSマーケティングを目指すとコストパフォーマンスが向上していくでしょう。SMSマーケティングのツールとしてSMS送信サービスを利用すると、このような改善の施策も検討しやすくなります。

SMSの特徴

SMSの特徴

SMSマーケティングを展開する上ではSMSそのものについての特徴も理解しておくことが大切です。SMSはビジネスシーンでよく利用されるようになりました。ビジネス視点でどのような特徴があるのかをチェックしておきましょう。

携帯電話番号だけで送信できる

SMSはユーザーの携帯電話番号さえわかれば送信できるのが特徴です。ユーザーから情報を得てリストを作成し、SMSによる情報配信についての許諾を受けていれば気軽に多数のユーザーに情報発信ができます。携帯電話番号は変更されることがあまりないので、長期的にマーケティング目的での連絡が可能です。メールアドレスではすぐに変更されてしまうこともありますが、SMSであれば一人一つの番号を持つ時代になっているので到達率が高いでしょう。

開封率が高い

SMSはユーザーへの情報送信方法の中でも開封率が高い方法です。SMSマーケティングがビジネスシーンで活用されるようになった理由でもあるのが高い開封率を誇っていることです。80%くらいのSMSが開封されているという統計情報もあります。メッセージアプリによって通知されることに加え、電話番号を知っている相手からの連絡だという信頼性があるため、多くのユーザーがSMSを開封しています。

幅広く普及している

SMSは普及率がかなり高くなっているのが特徴です。SMSはほとんどのキャリアで利用可能になっていて、iPhoneでもAndroidでも、どのOSであっても利用できます。機種も問わないので、スマートフォンやフィーチャーフォンが普及した現代ではほとんどの人に対してアプローチできるのがSMSです。スマートフォンの保有率が高くなっていることを考慮すると、プッシュ通知を経て開封する確率も高まってきています。

文字数や画像の使用に制限がある

SMSは魅力的な特徴ばかりというわけではなく、送信する上で制限もあるので注意が必要です。SMSは全角70文字を上限としていて、画像も添付することはできません。テキストの長さに上限がないEメール、画像を駆使したデザインが可能なHTMLメールに比べるとコミュニケーションツールとしての自由度が低いことは確かです。なお、SMSの文字数についてはSMS送信サービスを活用すると660文字程度まで増やせます。

一斉送信ができる

SMSは送信サービスを活用することで一斉送信を活用できるのが特徴です。個人間でのメッセージのやり取りではSMSを相手の携帯電話番号を宛先として一通ずつ送ります。しかし、SMS送信サービスでは多数のユーザーに対してまとめてSMSを送信できるようにしているケースが多くなりました。SMSマーケティングに活用することを見越しているからです。個別送信に比べて手間が少なく、コストを下げることに直結する方法です。

SMSマーケティングのメリット

SMSの特徴がわかるとマーケティングでの活用範囲が広いと感じた方も多いのではないでしょうか。ここではSMSマーケティングのメリットを詳しくご紹介します。マーケティングツールとしてSMSを使うのにはどのような魅力があるのでしょうか。

すぐに見てもらえる

SMSはプッシュ通知を設定していることが多いので、送信してからすぐに見てもらえるのがマーケティングに活用するメリットです。統計的に開封までの時間が3分程度とされているため、タイムリーな情報を伝えたいときにうってつけです。

レスポンスが良い

SMSはユーザーからのレスポンスが良いのがメリットです。マーケティングでは情報を発信してもレスポンスがなければ意味がありません。レスポンス率は45%といった統計データもあるようなので、SMSマーケティングは効果が上がりやすい方法です。

コストパフォーマンスを上げやすい

SMSはコストパフォーマンスを上げる工夫をしやすいのもメリットです。SMS送信は1通ごとにコストがかかりますが、レスポンス率が低いやり方を排除し、売り上げにつながる方法を採用すればパフォーマンスが上がります。

SMSの実際の活用事例とは?

SMSの実際の活用事例とは?

SMSをマーケティングで活用している事例が本当にあるのかが気になった方もいるかもしれません。SMSマーケティングは広く活用されるようになっているので、ここで一般的に用いられているケースをチェックしておきましょう。

セール情報の発信

SMSマーケティングではセール情報をユーザーに配信するアプローチがよく用いられています。今日から始まるセールについて告知したり、特価品の価格について紹介したりしてプロモーションをするのが典型的です。

イベントやキャンペーンへ招待

イベントやキャンペーンについて告知したり、SMSを受信した人限定で招待したりするのもよく活用されている方法です。SMSに記載のURLからアクセスするとイベントに参加できる、キャンペーンに申し込めるというやり方が多くなっています。

予約やサービスのリマインダー

リマインダーとしてのSMSの活用もおこなわれています。来店予約やサービス申し込みなどを受け付けたときに、日時が近付いた時点でSMSを送ってリマインダーにするとユーザーから喜ばれます。

本人認証

SMSマーケティングのアプローチとして本人認証もあります。セキュリティコードをSMSで送信して二段階認証をするのがよくある方法です。ユーザーには手間になりますが、信用を勝ち取るセキュリティ面の対応策にもなります。

支払の請求や督促

SMSは支払の請求や督促に用いられることも多くなりました。借金の返済や利用料金の支払いなどで期日を忘れてしまう人もいます。SMSはリマインダーとして送ったり、支払期日に入金がなかったときに催促したりするのに有効です。

緊急時の連絡

SMSは企業からユーザーへの緊急時の連絡にも有用なツールです。システムメンテナンスの通知をするときにはよく活用されています。SMSはすぐに情報が伝わり、電話のように通じなくても見てもらえる点で優れている方法です。

クーポンの送付

マーケティングではクーポンの送付にSMSがよく用いられています。SMSにクーポンへのリンクを記載しておくだけで十分で、販促方法として効果的です。クーポンの取得期限や有効期限もSMSに書いておくとすぐにユーザーアクションを促せます。

アンケートの実施

SMSマーケティングではアンケートに活用する事例も増えてきました。サービスを提供した後や、商品を買ってもらった後にSMSを送信してアンケートを実施するのが典型的です。開封率の高さを生かしたマーケティングアプローチでしょう。

電話が通じなかったときのフォロー

マーケティングには電話が頻繁に用いられていますが、通じなかった時のフォローとしてSMSが用いられています。電話で伝えたいことがあったときに留守番電話を残すとユーザーに通話料金を負担させてしまいますが、SMSならユーザーの費用負担がないのがメリットです。

顧客フォロー

顧客フォローもSMSマーケティングにおいてよく着目されている点です。資料を提供したり、追加情報を送付したりすることでユーザーエクスペリエンスも向上するので効果的なマーケティング手法でしょう。

SMSのマーケティングはシステム化出来る

マーケターの方ならマーケティングオートメーションについて聞いたことがあるかもしれません。実はSMSマーケティングはシステム化することが可能なので、マーケティングオートメーションとの相性が良いアプローチです。

マーケティングオートメーションはマーケティングを自動化するための基本的なアプローチとして導入が進められています。ユーザーの属性やセグメントなどに応じて配信する内容やSMSの送信時刻などを設定して、効果的なタイミングで効果が上がりやすいユーザーにターゲティングをすることが可能です。

また、マーケティングオートメーションではユーザーアクションと関連付けをして情報送信をすることもできます。SMSのURLからウェブサイトにアクセスしたり、商品購入をしたりしたユーザーにだけSMSを送信することも可能です。SMSでクーポンを送り、そのクーポンを使って商品購入やサービス利用をしてユーザーを特定して、次のSMSを自動送信するといったアプローチもできます。

SMSマーケティングは携帯電話番号と紐づけられているため、ユーザーとしてはダイレクトに自分だけの情報を提供してくれるものだと考えています。マーケティングオートメーションとの連携によって履歴を自動分析し、適切な内容のSMSをベストなタイミングで送付する仕組みを整えることが可能です。

また、マーケティングオートメーションツールによってはシナリオの策定もできます。条件設定をして、ユーザーのレスポンスに応じてどのようなSMSをいつ送るかを決めることも可能です。ユーザーエクスペリエンスを向上させるアプローチとして活用が進んでいるマーケティング手法になっています。

このようなSMSマーケティングのシステム化はSMS送信サービスを活用しなければ実現することは不可能です。一斉送信ができるだけでなく、コストパフォーマンスの管理をしやすいSMS送信サービスの契約をして、SMSマーケティングに活用していくのがおすすめです。

まとめ

SMSマーケティングはSMSのメリットを活かしてユーザーに多角的なアプローチができる有用な方法です。SMS送信サービスを活用することで、コストパフォーマンスの高いマーケティングを実現できます。KDDI Messsage Castなら一斉送信も可能で、完全な従量料金制になっていることからコストパフォーマンスを上げやすいのが魅力です。今後のビジネスチャンスを拡大するマーケティングの展開を効率化するためにぜひKDDI Message Castをご利用ください。

▼KDDI Message Cast(KDDIメッセージキャスト)詳しくはこちら

https://sms.supership.jp/

SMSとは

本人認証サービス(3Dセキュア)とは?仕組みやメリットなどについて解説!
2022年4月22日 SMSとは

本人認証サービス(3Dセキュア)とは?仕組みやメリットなどについて解説!

VISA・MasterCard・ JCB・ AMEXといったクレジットカードブランドは、インターネット上で安全にクレジッ

2022年4月6日 SMSとは

DM・ダイレクトメールとは?開封率を上げていく方法とは?

DM・ダイレクトメールとはどのような魅力がある手法なのかが気になっているかたもいるのではないでしょうか。メッセージによる

SMSのコストは?サービスの選び方や、コスト面のSMSの利点を解説!
2022年3月17日 SMSとは

SMSのコストは?サービスの選び方や、コスト面のSMSの利点を解説!

SMSを利用するときにはコストがかかります。個人で使用するときと法人が活用するときではSMSのコストに違いがあることをご

簡単にシステム連携が可能なSMSのAPI方式とは?
2022年3月17日 SMSとは

簡単にシステム連携が可能なSMSのAPI方式とは?

最近、企業におけるSMS(ショートメッセージ)の利用が活性化されており、様々なSMS送信サービスの導入を企業が検討してい

SMSはなぜ有料?有料でも企業に注目される理由も解説!
2022年3月2日 SMSとは

SMSはなぜ有料?有料でも企業に注目される理由も解説!

SMSはなぜ有料のサービスなのかが気になっている方もいるのではないでしょうか。メールを送信するのは無料なのに、SMSは有

SMSはメルマガより効果的?SMSとメルマガ・LINEの違いも解説!
2022年3月2日 SMSとは

SMSはメルマガより効果的?SMSとメルマガ・LINEの違いも解説!

SMSはユーザーにアプローチする方法として注目されるようになりました。メッセージを伝えるマーケティングの方法としてメルマ

ブログ一覧