業種:設備工事業界 公開日:2022年7月27日

夏が近づき、気温の高い日が増えてくるとエアコンやクーラーを利用する人も多くなります。しかし、久しぶりに稼働したことで調子が悪かったり故障したりというケースも多く、修理や購入を考える方がたくさん出てくる時期でもあるようです。また、メーカーの修理部門や不動産賃貸の管理会社が対応に追われるのもこの頃で、いかに対処するかが課題になっています。

そこで注目されているのがSMS送信サービスで、シーズン前の試運転を呼びかけたり修理の日程調整に利用したり、幅広く活用され始めています。

この記事では、SMS送信サービスを活用することでどのようなメリットを得られるのか、エアコン販売・修理での活用ケースを交えてご紹介します。

エアコン販売・修理でのSMS活用ポイントと課題感

エアコン販売・修理の課題感

  • 夏が近づき急に気温が高い日が来ると、エアコン修理の問い合わせが殺到して対応しきれない。
  • 取り付けや修理で訪問したのに、日程を忘れられていて再調整が必要になることがある。
  • エアコンのシーズンに合わせて販売促進をしたいが、メールやDMでは読んでもらえていないので効果を実感できない。

SMS活用のポイント

  • シーズン前にSMSで試運転を呼びかけることで、事前に問い合わせや修理に対応ができる。
  • 取り付けや修理で訪問する前日や当日にSMSでリマインド連絡をすることで、訪問時の不在リスクを減らせる。
  • 到達率・開封率の高いSMSでエアコンの情報を届けることで、効果的な販売促進ができる。

SMS送信サービスのエアコン販売・修理での活用ケース

試運転呼びかけでの活用ケース

背景

賃貸物件の管理会社では、毎年暑い日が急に来ると住人からエアコンの修理依頼が多く寄せられて対応に追われる。修理業者も忙しくなるためすぐに派遣するのが難しく、住人に我慢を強いることになってしまう。

課題

修理依頼が集中するのを避けるために書面で試運転を呼びかけているが、読んでもらえていないのか効果が出ていない。

解決方法・効果

SMS送信サービスなら住人に一斉送信できるため、手間もかからずに試運転を呼びかけられる。試運転のやり方を掲載しているメーカー公式サイトのURLを送付することで、住人が自ら調べる必要もなく行動に移してもらいやすくなる。

日程調整での活用ケース

背景

メーカーでは販売店から取り付けや修理依頼が来た際に電話で訪問日の調整をしているが、電話に出てもらえないことが多く、何度も電話をかける手間が発生してしまっていた。

課題

再荷電なしに訪問の日程調整ができれば多くの手間や人件費を削減ができる。

解決方法・効果

空いた時間で見られるSMSで連絡することで、電話の掛け直しなどなく日程調整が可能。訪問日調整サイトなどを作り、そのURLも送付することでよりスムーズに訪問日時を決められる。

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

法人向けSMS「KDDI Message Cast」を利用することで、お客さまとの連絡などがスムーズに行えるとともに、手間や時間、コストを大幅に削減できます。

ぜひ一度、資料請求やお問い合わせから実際の費用感を確認してみてください。