公開日:2022年8月22日

通信回線の開通工事・空調設備工事・水回り工事などのいわゆる設備工事において、工事当日の訪問時に契約者が不在だったというケースが発生したことはございませんか。これらの工事の場合、お客さまの立ち会いが必須であるため、工事日時の再調整および再訪問の手間も生じてしまうなどスタッフにも負荷がかかってしまいます。

上記のような事態を防ぐために工事日リマインドは非常に有効な手段ですが、電話やメールといったツールを使って工事日リマインドをした場合、「知らない番号からの着信であったり、忙しいタイミングのため電話に出ていただけない」や「その他のメールに埋もれてしまったり、迷惑メールに分類されて内容を見てもらえない」などリマインダーとしての役割を果たせていないのが実情です。

これらの課題を解決する手段として注目されているのがSMSによるメッセージ送信です。SMSは到達率98%(※)、開封率80%(※)とお客さまへ重要なお知らせを確実に届けるツールとして非常に優れています。※当社調べ

こうした背景から近年、SMS送信サービスを利用して訪問予約の連絡や工事日リマインドを確実に行う企業が増えています。今回は、工事日リマインドを送る際の課題感やSMSで送信するメリットを、事例を交えてご紹介します。

工事日リマインドを送る際の課題感

全体的な課題

  • お客さまの立ち会いが必須のため、契約者不在のケースを回避できる手段がほしい

工事日時の再調整および再訪問によるスタッフの業務負担を軽減したい

電話またはメールでリマインドした場合の課題

  • 電話連絡
  • 電話連絡時、お客さまに連絡がつかないケースが多発していた
  • 再架電によるスタッフの業務負担を軽減したい

メール連絡でのリマインドの課題

その他のメールに埋もれてしまったり、迷惑メールに分類されてしまうなど内容を見てもらえないケースが見受けられる

工事日リマインドにおけるSMS送信サービスを活用するメリット

連絡内容を確実に届けられる

工事日リマインドに関する電話が取れなかったお客さまやメールを見逃していたお客さまに対して、SMSを送信することで確実に要件を伝えることができ、工事日当日の契約者不在のケースの回避につながった。またスマートフォンにプッシュ通知が届くため契約者が気づきやすく、開封率も高いため内容を確認していただきやすいことからリマインダーツールとして有効的だった。

スタッフの業務負担を軽減

訪問日時確定後に既存ツールでの連絡に加えて、SMSで工事日リマインドを送付することで不在件数が改善され、業務の効率化ができた。

またSMS送信サービスはSMSの一斉送信が可能なため、1件1件再架電をする必要がある電話連絡の代替ツールとしても非常に有効的だった。

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

法人向けSMS送信サービス「KDDI Message Cast」を利用することで、お客さまとの連絡などがスムーズに行えるとともに、手間や時間、コストを大幅に削減できます。

ぜひ一度、資料請求やお問い合わせから実際の費用感を確認してみてください。