公開日:2022年7月26日

これまで学校や学習塾、各種スクールでは保護者への連絡手段として、電話連絡やプリント配布といった手段を主流としてきました。最近ではメールを活用することもあるようですが「なかなか電話に出てもらえない」「プリントが保護者まで行き渡らない」「他のメールに埋もれて、メールを読んでもらえない」といった課題を抱えています。

こうした背景から保護者への連絡手段としてのSMS活用が注目されており、課題解決の手段として導入が進んでいます。

この記事では、SMSの特性を加味した保護者への連絡手段としてのSMS活用事例をご紹介します。

SMS(ショートメッセージ)活用のポイントと課題感

課題感

  • 災害時や学校行事の中止連絡の手段として電話を活用していたが、電話連絡では即時に繋がらないケースが多発していた。
  • 入塾案内用のサイトをはじめ、WEBサイトへの誘導手段としてメールやパンフレットを活用していたがアクセス数に伸び悩んでいた。
  • 提出物の期限案内を電話でおこなっていたが、1件ずつ対応する必要があるため効率性に欠ける手段となっていた

SMS(ショートメッセージ)活用のポイント

  • 緊急性の高い連絡をSMSで送付することでメッセージに気付いてもらいやすくなり、リアルタイムで開封確認が行えるため緊急時の連絡に有効だった。
  • メッセージ内にURLを記載することで、ワンクリックでWEBサイトへのアクセスが可能なため、WEBサイトへのアクセス数が改善された。
  • SMS(ショートメッセージ)送信サービスを利用することで一斉送信が可能になったため、業務効率が改善された。

SMS(ショートメッセージ)送信サービスの活用ケース

入塾案内などのWEBサイト誘導での活用ケース

背景

保護者に対して入塾案内用のWEBページのURLを、メールやパンフレットなどで紹介していた。

課題

メールの場合その他のメールに埋もれてしまい内容を見てもらえず、パンフレットの場合はURLを手入力することなどが保護者の負荷となり、ページへのアクセス数の増加が課題となっていた。

解決方法・効果

SMSで送付することで内容を見てもらいやすくなり、メッセージ内にURLを記載することでWEBページへアクセスしやすさが向上したため、アクセス数の増加に貢献した。また効果測定も可能なため、PDCAを回しながら運用することができるようになった。

提出物の期限案内での活用ケース

背景

提出物の期限案内を保護者に直接電話で1件ずつおこなっていた。1件ずつの対応となるため、効率性に欠ける手段となっていた。

課題

電話をする手間や、不在などの理由で連絡がつかないことも多々あり教職員やスタッフに負荷がかかっているため改善したい。

解決方法・効果

SMS(ショートメッセージ)送信サービスを利用することで一斉送信が可能なため、効率よく連絡を取ることができるようになった。またSMSで送付することで内容をみてもらいやすく、再架電も不要なため業務負担が低減された。

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

法人向けSMS送信サービス「KDDI Message Cast」を利用することで、お客さまとの連絡などがスムーズに行えるとともに、手間や時間、コストを大幅に削減できます。

ぜひ一度、資料請求やお問い合わせから実際の費用感を確認してみてください。