業種:不動産業界

SMS(ショートメッセージ)は到達率や開封率の高さから、不動産業界でのSMSの活用が進んでいます。
この記事では、SMSの特性を加味した不動産業界(特に賃貸領域)でのSMS活用の事例をご紹介します。

不動産業界(賃貸領域)で課題となっていること

不動産業界(賃貸領域)において、以下のような項目で課題を抱えている事業者が多く見受けられます。

不動産業界(賃貸領域)で課題となっていること

なぜ、このような課題が生じているのか

以前は、電話や手紙(DM)、Emailなどが連絡方法の主流でしたが、LINEを筆頭にコミュニケーション手段が増加している状況です。伝えたい情報の量や質によって、適切なコミュニケーション手段を選択することが求められているからだと考えられます。

SMSの特徴について

コミュニケーション手段の1つとして、KDDI株式会社とSupership株式会社は共同運営によりSMS送信サービス「KDDI Message Cast」を提供していますが、SMS活用の大きなメリットとしては以下のようなものが挙げられます。
・圧倒的な到達率と開封率(携帯電話保有者ならほぼ到達)
・電話番号で送付可能(データ元が電話番号のため、住所等と比較して変動しにくい)
逆に、SMSのデメリットとして考えられるものは以下のとおりです。
・長文だと読まれにくい
・継続的にコミュニケーションが必要な情報伝達には不向き

上記のような特徴から、SMSは「情報量は少ないが、必ず見てほしい重要な連絡をする場合」においては有効に活用できると考えられます。

不動産業界(賃貸領域)でSMSが有効活用できるタイミング

不動産業界(賃貸領域)において、SMSは以下の図のようなタイミングで有効活用できると考えられます。

不動産業界(賃貸領域)でSMSが有効活用できるタイミング

不動産業界(賃貸領域)での具体的なSMS活用事例

不動産業界(賃貸領域)におけるSMSの具体的な活用事例としては、督促連絡を電話からSMSに切り替えることによる業務効率化や、申込書類上の記載不備連絡にSMSを活用することによる架電工数の削減などがあります。具体的な成果等は以下の図をご参照下さい。

不動産業界(賃貸領域)での具体的なSMS活用事例

不動産業界でのSMS(ショートメッセージ)活用についてのまとめ

SMSはコミュニケーション手段の一つであり、何にでも活用できる訳ではありません。
しかし、その特徴を把握した上で活用することで業務効率化、人件費削減など様々な効果を得ることが可能です。様々なコミュニケーション手段の特徴を理解し、効果的に活用していきましょう。