業種:介護業界 公開日:2022年7月29日

高齢化により利用者が増えている介護施設や老人ホーム。施設の種類もグループホームやサービス付き高齢者向け住宅など多様化してきています。しかし働き手の数は十分とは言えず、介護業界の人手不足も問題となっています。そこで、業務負担を抑えながら利用者のご家族とのコミュニケーションをしっかりとるために注目されているのがSMS送信サービスです。

この記事では、SMS送信サービスを活用することでどのようなメリットを得られるのか、介護老人保健施設での活用ケースを交えてご紹介します。

介護老人保健施設でのSMS活用ポイントと課題感

課題感

  • 利用者家族に連絡がつかず、何度も連絡して時間が取られる。
  • 人手不足で業務を効率化したい。
  • 利用者家族に施設での様子や活動を詳しくお伝えして安心してもらいたい。

SMS活用のポイント

  • 利用者家族に連絡がつかない場合にSMSを送ることで、何度も電話する必要がなくなる。
  • 標準搭載の機能なので、アプリをインストールしてもらう必要もなく電話番号さえあれば連絡できる。
  • 一斉送信ができるSMS送信サービスを活用して連絡することで、業務を効率化でき、他のことに時間を使えるようになる。

SMS送信サービスの介護老人保健施設での活用ケース

急な体調不良でご家族に連絡する際の活用ケース

背景

施設利用者の急な体調不良などでご家族に連絡する際に、仕事中などで電話が繋がらず、何度もかけ直している。

課題

繋がるまで何度もかけ直すため、スタッフの業務負担が大きくなっている。負担軽減策がほしい。

解決方法・効果

利用者のご家族に電話して繋がらなかった場合には、SMSで用件と折り返してほしい旨を伝えることで、何度もかけ直す手間が省ける。SMSならメッセージ通知が表示されるため、すぐに気づいてもらいやすい。

施設での様子を伝える際の活用ケース

背景

利用者の施設での様子をご家族に伝えて安心してもらいたい。

課題

メールでは見てもらえるかわからない。また、連絡先が電話番号のみでメールアドレスを知らない場合や知っていても変更されている場合も多い。

解決方法・効果

SMSは電話番号を宛先として送れるためメールアドレスを知らない、もしくは変更されている方にも届けられる。URLも送れるので写真などを見てもらうこともできる。

写真の送り方はこちら
SMS(ショートメッセージ)で写真や動画を送るには?料金や送信方法を解説

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

法人向けSMS「KDDI Message Cast」を利用することで、お客さまとの連絡などがスムーズに行えるとともに、手間や時間、コストを大幅に削減できます。

ぜひ一度、資料請求やお問い合わせから実際の費用感を確認してみてください。