SMS(ショートメッセージ)送信サービスの電気・ガス業界での活用ケース

SMS活用事例

2021年8月19日

電気やガスなどのインフラ業界では、点検・修理の連絡や料金支払いの督促など、お客様に確実に見ていただく必要のある連絡事項が多く存在しています。しかし、郵送したお知らせを見ていただけなかったり、電話やメールで連絡がつかないなど、課題も少なくありません。
そこで活躍を期待できるのがSMS(ショートメッセージ)送信サービスです。

この記事では、SMS(ショートメッセージ)送信サービスを活用することでどのようなメリットがあるのか、活用ケースを交えてご紹介します。

電気・ガス業界のSMS(ショートメッセージ)活用のポイントと課題感

課題感

  • 書類で通知後に法定点検や工事で訪問しても不在で、何度も訪問することになってしまう。
  • 口座振替やクレジットカード登録の情報に不備があった際、確認の電話に出てもらえずに手間がかかってしまう。
  • 利用料金の連絡や支払い催促を確実に届けて、払い忘れや滞納を減らしたい。
  • セットプランやサポートサービスの案内などお得なお知らせを多くの方に届けたい。

SMS(ショートメッセージ)活用のポイント

  • 点検や工事の通知にSMSを利用することで、スマホにプッシュ通知が出るためDMなどを見ない方にも届けることが可能。
  • 日中では連絡が取りにくい方にもSMSで連絡することで、都合の良いタイミングで折り返しいただくことが可能。
  • 見ていただきやすいSMSで連絡することで、支払い忘れを防ぐことが可能。
  • オプション案内をSMSで送ることで、DMでは見ない方にも届くとともにコストも削減できる。

SMS(ショートメッセージ)送信サービスの電気・ガス業界の活用ケース

活用ケース①

背景
数年に1度必要な法定点検や工事では立ち会いが必須だが、事前に書類で通知していても訪問した際に不在の場合があり、何度も訪問しなくてはいけなくなった。

課題
事前の連絡を確実に見てもらい都合を調整してもらうことで、訪問当日には在宅していただけるようにしたい。

解決方法・効果
到達率・開封率の高いSMSで事前連絡・リマインドすることで、訪問日程を把握してもらい、訪問当日に不在率を下げることができた。

活用ケース②

背景
電気やガス料金の支払い方法として口座振替やクレジットカードを登録してもらう際、登録内容に不備があった場合に電話で確認をとっていたが、連絡が取れない方が多く、困っていた。

課題
日中に電話で連絡が取れない方にも、登録内容に不備があったことを伝えられる連絡手段が欲しい。

解決方法・効果
電話で連絡が取れない方にSMSで登録内容の不備を伝えるとともに、折り返しのお願いをすることで、何度も電話をする必要がなくなり、登録の手続きがスムーズに進むようになった。

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

法人向けSMS「KDDI Message Cast」を利用することで、お客様との連絡などがスムーズに行えるとともに、手間や時間、コストを大幅に削減できます。
ぜひ、一度資料請求やお問い合わせから実際の費用感をご確認してみてください。

エネルギー業界のSMS送信サービス活用事例を資料ダウンロード


「KDDI Message Cast」のサービス概要

SMS送信サービス「KDDI Message Cast」の詳しい特長については、資料請求/お問い合わせにてご確認ください。