簡単にシステム連携が可能なSMSのAPI方式とは?

最近、企業におけるSMS(ショートメッセージ)の利用が活性化されており、様々なSMS送信サービスの導入を企業が検討していると思います。SMSを利用するうえでは、大きく分けて入稿ポータル方式とAPI方式の2種類があります。API方式は、企業のシステムのデータと連携ができ、SMSを送信する作業を自動化することができます。一方、入稿ポータル方式は、企業のシステムにあるデータを抽出した上で、入稿ポータルに入稿する手間が発生します。定期的にメッセージを送信するケースにおいてはAPI方式の相性が良いです。
この記事では、API方式に関して説明します。

SMSのAPI方式とは?

SMS送信サービスは大きく「キャリア直収接続」と「国際網接続」の2種類の接続方法があります。到達率とユーザの見え方に大きく違いがありますのでSMS送信サービスを選択する際に必ず確認することを推奨します。

APIとは

APIは、アプリケーション・プログラミング・インターフェイスの略です。言葉だけ聞くと、意味が分からないと思いますが、簡単にいうとシステムとシステムを簡単につなげてくれる仕組みと考えて下さい。SMS送信機能は複雑なプログラムを組んでサービスが提供されています。それを企業のシステムと連携し、簡単にSMS送信ができるように、APIが提供されています。KDDI Message CastはSMS配信APIを提供しています。企業システムからSMS配信APIを起動させ、SMS送信を実現しています。SMSの配信結果も簡単にシステム連携が可能です。

API方式でのSMS用途とは?

SMS導入時にAPIが必要となるのは、システムと連携して自動的にSMS送信する場合です。APIが必要な例で一番多い事例としては、SMS認証があげられます。例えば、アプリケーションで会員登録する際に本人認証のために使われることが多いです。認証以外ではKDDI Message Castの提供のポータルからではなく、企業システムから直接SMS送信したい場合にも利用されています。企業システムから送信するメリットとしては、企業システムのデータをポータルに提供する必要がないことがあげられます。

<認証用途の画面イメージ>

SMS送信APIを選ぶ際のポイント

到達率が高いサービスを選ぶ

APIで連携する場合は認証用途や、リアルタイムで送信するケースが多いため、到達率が高い送信方式を推奨します。SMS送信サービスは「キャリア直収接続」、「国際接続」の二種類があります。キャリア設備に直接接続し、SMSを送信する「キャリア直収接続」の方が到達率が高く、推奨します。「キャリア直収接続」と「国際網接続」の違いを知りたい方は以下の記事も読んでみていただければと思います。

参考記事:到達率に違いがある?国際網と国内網について

サポートが充実しているAPIを選ぶ

API方式の場合、システムの開発が一部発生しますので、導入後のサポート品質が重要です。トラブル時のサポート体制が整っており、問合せ時に迅速に回答がされるサービスを選択することで不安なく開発を行うことが可能です。

KDDI Message Castでは、KDDIの通信回線を運用するサービスセンターでサービス運用をしています。24時間365日で稼働しており、安心したサービス品質となっています。KDDIの通信事業者としてのナレッジを活用し、より品質の高いサービスにするために、日々改善活動を実施しています。加えて、APIに対する質問、問合せなどに対応するため、専用のサポートサイトを提供しており、疑問点を払しょくするためにFAQも整備しています。問合せに関しては3〜4名の専門チームを保有しており、日々問合せ対応を行っています。

開発が容易なAPIを選ぶ

API方式は企業にて少なからず、システム開発が必要です。システム開発者にとって簡単にAPIが組めることは非常に重要な要素です。KDDI Message Castでは、簡易的に組み込めるインターフェイスを提供しています。宛先(”userContact”)とコンテンツ(“textMessage”)の二種類を設定すれば、SMS送信が可能なAPIを提供しています。

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

今回はSMS送信サービスのAPI方式について紹介しました。API方式の場合、企業様でも開発が必要であるため、より信頼性があるサービスを選択することが重要です。「KDDI Message Cast」はKDDIとKDDIグループのSupershipが共同運営するSMS送信サービスです。サービスを利用することでDMのコストを抑え、電話での連絡の取りづらさも解消し、お客様と確実性の高いコミュニケーションをとることが可能です。ぜひ、お問い合わせください。