SMS一斉送信サービスとは?メリット・デメリットから導入手順、選び方まで解説!

SMSとは

SMSによる情報配信やマーケティングをする際には一斉送信をするのが効率的です。SMSの活用ケースが増えてきて、一斉送信に興味を持ち始めた方もいるのではないでしょうか。しかし、メリットやデメリットがよくわからずに導入するべきか悩んでいるかもしれません。この記事ではSMSの一斉送信について特徴をご紹介します。SMS一斉送信サービスを導入する流れや、サービスの選び方のポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

そもそもSMS一斉送信とは?

そもそもSMS一斉送信とは?

SMSによる情報発信を活かしてビジネスを展開するケースが増えてきました。このトレンドに伴ってSMSの活用方法として注目度が高まっているのがSMS一斉送信です。SMS一斉送信とはSMSを多くのターゲットに対してまとめて送信することを指します。一般的にはキャリアの相互接続サービスによってSMSを多数の顧客に対して同時に送る方法がSMS一斉送信です。

SMSは携帯電話の番号に対してメッセージが送れるのが特徴です。もともとはプライベートで個人間で利用するのが主流でしたが、到達率も開封率も高いことからビジネスシーンでもSMSがよく活用されるようになりました。スマートフォンの普及によってSMSのプッシュ通知が設定されていることも多くなり、ダイレクトに顧客に到達できるコミュニケーションツールとして活用されています。

SMS一斉送信は多数の顧客に同時にアプローチできる方法です。一斉送信をするにはキャリアのSMSアプリを利用することもできますが、複数のキャリアに長い文字数のメッセージを送信するには専用サービスの導入が必要になります。SMSのビジネス活用が進められてきた影響でSMS一斉配信サービスも高機能化し、ビジネスチャンスを広げるのに有効な方法として活用される傾向が強まっています。

SMSは個別に送ることもできますが、一斉送信をすれば携帯電話番号を登録している顧客に対してまとめてメッセージを送れるのが魅力です。同じ内容のメッセージを同時に送信できるため、顧客に平等なメッセージ送信を効率的におこなえます。

ビジネスシーンでの活用事例も多くなり、SMS一斉送信をどのようにして使うとメリットを生み出せるかもよく認識されるようになりました。さらに費用対効果の高いサービスが増えていることから、SMS一斉送信は大手企業でも中小企業でも活用が進んでいる情報発信の方法になっています。

SMS一斉送信を使用するメリットとは?

SMS一斉送信を使用するメリットとは?

SMS一斉送信は情報発信の効率化に大きな効果を発揮する方法です。費用対効果が高いだけでなく、ビジネスシーンで活用することでチャンスを広げられることが知られています。ここでSMS一斉送信サービスを利用するメリットを確認しておきましょう。

情報配信の業務効率が向上する

SMS一斉送信はSMSによる情報配信の効率を飛躍的に上昇させられるのがメリットです。SMSの送信は顧客一人一人に対して丁寧に対応することもできますが、顧客数が多くなると手間がかかることは否めません。電話やDMによる情報配信でも大きな負担になることは明らかでしょう。SMS一斉送信なら簡単にまとめて情報配信ができるので業務効率が上がります。

メールの一斉送信をすればSMSを一斉送信と同じくらいの効率を達成できますが、顧客情報としてメールアドレスが必要です。近年では顧客からメールアドレスの情報を取得することも多くなりました。しかし、古くからの顧客のメールアドレスはわからず、携帯電話の番号しか情報がないこともあります。SMSなら電話番号さえわかれば情報を送信できるのも魅力です。特に携帯電話の番号は変更することが少ないため、いつまでも高い到達率でメッセージを送れます。

情報の迅速な到達によってビジネススピードが上がる

SMS一斉送信はスピーディーに情報が多数の顧客に伝わり、ビジネスを加速させられるのがメリットです。例えば、新しいサービスを開始したときや、期間限定のセールを実施するときなどには顧客に認知してもらうのが重要になります。SMSはスマートフォンや携帯電話に直接通知が入るため、速やかに顧客に知ってもらえるのが魅力です。メールよりも開封率が高いことから、SMSなら情報が伝わる確実性も高いというメリットもあります。

また、トラブルが発生したときに迅速な顧客対応ができる点でもSMS一斉送信は優れています。DMで送った書類の内容に不備があったから顧客に対応して欲しいというシーンもあるでしょう。DMを広範囲に送っていた場合には、対象となる顧客にSMS一斉送信をすることで効率的に情報を伝えて対応を促せます。このようなスピード感のある情報伝達ができるため、ビジネススピードを向上させられるのがSMS一斉送信のメリットです。

一斉送信によって費用対効果を上げられる

SMS一斉送信は費用対効果を上げやすい点でも優れています。SMSによって顧客に個別対応をするのに比べて、SMS一斉送信は効果測定と改善によるPDCAサイクルを回しやすいのがメリットです。同じ内容のSMSを多数の顧客に対して送信し、レスポンスをチェックするとメッセージの内容や送信のタイミングが適切だったかを統計的に分析することができます。URLへのリンクを張ったときにも、クーポンを送付したときにも、結果をきちんと集計すれば効果の高さを確認してより良い方法でSMSを送信できるようになります。

SMS一斉送信サービスの利用には費用がかかるのは確かです。サービスによって料金体系には違いがありますが、完全に従量制になっていて送った分だけ料金を支払えば良いサービスもあります。SMSへのレスポンスが良い顧客だけをターゲットにしたり、情報の内容に応じて送信先を厳選したりすると高い費用対効果を発揮させられるでしょう。

SMS一斉送信を使用するデメリットとは?

SMS一斉送信は効率的に情報を配信できるものの、デメリットもないわけではありません。SMS一斉送信を使うときにはコストやオプトイン・オプトアウトの課題があるので、どのようなデメリットがあるのかを知っておきましょう。

送信ごとにコストが発生する

SMS一斉送信はコストがかかるのがデメリットの1つです。一斉送信をして顧客からのレスポンスを分析し、費用対効果の高いSMS送信を実現することはできます。しかし、SMS一斉送信を始めた段階ではどの顧客にどんな内容のメッセージをいつ送るのがベストかがわからず、コストがかさんでしまうこともあるので注意しましょう。

SMSは個別に送ってもコストがかかりますが、一斉送信サービスを使ってもやはり1通ごとに料金が発生します。Eメールのように無料で送信できるわけではないので、SMSを送るときには売上の向上やサイトへのアクセスの増加などの効果を得ることを重視して運用するのが大切です。

レスポンスがない顧客へはSMSを送らないようにしたり、内容を吟味して効果が上がるようにしたりする工夫をして、SMS一斉送信を使うのが重要になります。効果測定をしてコストを上回るメリットを引き出せるようにすればこのデメリットは克服可能です。

メッセージの文字数に制限がある

SMSはメッセージの文字数に制限があるのがデメリットです。Eメールなら文字数がどれだけ長くても送信することができ、HTMLを使えば画像や動画なども埋め込み、文字のフォントや色も変えて魅力的な情報発信ができます。SMSはプレーンテキストしか使えないのが原則で、通常は70文字以内のメッセージしか送れません。

顧客にアプローチするときに70文字以内という制限は過酷なことが多く、魅力をはっきりと伝えられないこともあります。ただ、SMS一斉送信サービスでは70文字を超えるSMS送信にも対応しているケースが多いということも知っておいた方が良いでしょう。

SMS一斉送信サービスでは670文字くらいまで対応しているケースが多くなっています。ただ、文字数が増えれば増えるほど1通あたりのコストが高くなるので注意が必要です。SMS一斉送信では最小限の文字数で必要な情報を伝えられるように工夫をすることが重要になります。

オプトイン・オプトアウトに課題がある

SMS一斉送信をするときにはオプトイン・オプトアウトの管理をするのが大きな課題になります。詳細については後述しますが、基本的に宣伝広告の目的でSMSを多くの顧客に一斉送信するときにはオプトインをしていなければなりません。

オプトインとはSMSマーケティングをするときに顧客から同意を得ることを指します。顧客が了承しているときにだけSMSの一斉送信先として指定することができるのです。オプトアウトは逆に顧客が受信を拒否する行為を指します。一度、オプトインをした顧客でもSMSの内容が自分に合わないと思ったらオプトアウトをすることがあります。その際にはSMSの送信先から外さなければなりません。

オプトイン・オプトアウトの導線を整備しなければSMS一斉送信はできません。この対応をするのが容易ではないのが、SMSを一斉送信するときの課題です。特に顧客の任意でオプトアウトできるようにするのが難しいケースが多くなっています。

SMS一斉送信の活用方法!

SMS一斉送信の活用方法!

SMS一斉送信はメリットもデメリットもありますが、うまく活用すればビジネスチャンスを広げられる魅力的な方法です。SMS一斉送信の活用方法は多岐にわたっています。どのような活用方法があるのかを具体的に見ていきましょう。

SMS認証による本人確認

SMSは本人確認の目的でよく活用されるようになっています。例えば、ログインIDとパスワードによってログインするときに、本当に本人によるログインなのかをチェックしてセキュリティを高めることが可能です。ログインがあったときにSMS送信をして本人確認を実施し、確実に本人によるアクセスだと確かめると不正アクセスを防止できます。

SMS認証による本人確認はログインだけでなく、サービスへの申し込みの際にも利用できます。また、定期的にSMS一斉送信を使って本人確認を実施することでアカウントが乗っ取られていないことをチェックすることも可能です。顧客に安心して利用してもらえるサービスにするためのツールとしてSMS一斉送信は幅広く活用できます。

タイムリーなプロモーション

SMS一斉送信はプロモーション目的で活用することが可能です。マーケティングの目的でSMSを使うときにはよく着目されている観点で、タイムリーなプロモーションができるのが魅力として認識されています。

SMS一斉送信は広範囲の顧客に同時にアプローチし、すぐに情報を目にしてもらえるのがメリットです。到達率も開封率も高いSMSを一斉送信すれば、プロモーションの内容を見てくれる顧客も多くなります。タイムセールを開始するタイミングで告知したり、イベントの開催開始を伝えたりするとECサイトにも店舗にも集客可能です。タイムリーな情報を受け取った顧客の満足度も上がると期待できるため、効果的なプロモーションになります。

支払いの督促や案内

顧客に対して利用料金の支払いや、クレジットカードやキャッシングなどの料金滞納の督促などについて案内をするケースでもSMS一斉送信がよく活用されています。料金を定期的に支払ってもらうサービスでは、期日までに支払いをするように直前に連絡したり、期日になっても支払いがなかったときに督促したりするのが重要です。SMS一斉送信サービスはこのような際に顧客に通知する手段として活用されています。

SMSなら顧客がすぐにスマートフォンや携帯電話で見てくれます。うっかり忘れていたときにはすぐに料金を支払ってくれるでしょう。電話がつながらないときでもSMSなら手が空いたときに見てくれるため、支払いの催促をするのに適している方法です。

サービスの事前連絡

SMS一斉送信はサービスの申し込みをした顧客への事前連絡の手段として頻繁に活用されています。個人宅やオフィスなどに訪問してサービスを提供するときには、訪問の日にちを事前に伝えたり、当日の交通状況などによって訪問時刻がずれる際に連絡したりするのに有用な方法です。SMS一斉送信は一通から送れるサービスもあるので、個別のSMS送信にも応用できます。

また、宅配便などの配送サービスでは申し込みをした顧客ではなく、配送先への連絡手段としてもSMSが用いられています。「今から配達するけれど都合が悪くないか」といった確認をしたり、配達の日時変更の申し込みを受け付けたことを伝えたりする方法として活用されています。

アンケートの実施

SMS一斉送信はアンケートの実施によく活用されています。商品を購入したりサービスを利用したりした顧客に対してアンケートを一斉送信してフィードバックを受けるのが目的です。SMSは文字数が限られているため、SMSそのものでアンケートを取ることはできません。しかし、アンケートのフォームへのリンクをSMSに記載すれば顧客に回答してもらうことが可能です。

SMSを使って簡単なウェブフォームに入力してもらう方法はコストカットにもつながります。市場調査会社によるアンケートサービスを利用する必要がなくなるからです。SMSからのリンクは高い回答率になるのもメリットで、顧客アンケートに頻繁に使われるようになっています。

SMS一斉送信を実際に導入する手順

SMS一斉送信を活用するメリットがあるとわかると、実際に導入して運用を開始したいと思うのではないでしょうか。SMS一斉送信サービスを使うにはどのような流れで導入を進めるのが良いかをここで詳しく紹介していきます。

社内ニーズの調査と必要サービスの検討

SMS一斉送信サービスは提供会社によって内容が異なります。適切なサービスの契約をするためには、まず社内ニーズの調査をして要件定義をすることが大切です。必要サービスが何かはSMS一斉送信の利用目的や送信するSMSの量などによって違います。どのようなサービスがあれば社内ニーズを満たせるのかを詳しく調査し、SMS一斉送信サービスを導入した暁には現場の課題をスムーズに解決できるようにしましょう。

要件に合うSMS一斉配信サービスの確定

SMSがビジネスで広く活用されるようになり、一斉送信サービスのバリエーションも広がっています。競合他社との差別化を図ってサービスを整える企業が増えているので、できる限り要件に合うサービスを選び出して確定しましょう。良し悪しがわからないときには複数社に相談を申し込み、具体的な提案を受けるのが効果的です。より良いサービスを選び出して契約することが現場のニーズに合うサービスの導入につながるので重要なポイントです。

一斉送信サービスの試用

SMS一斉送信は試用期間が設けられていることが多いので、申し込みをしてテストをしましょう。送信先の顧客リストがあれば、CSVファイルなどの汎用性があるファイルに出力することでインポートできます。必要に応じてSMS認証などの設定もおこなって、現場のニーズに合うSMS一斉送信サービスなのかどうかを検証しましょう。確かに課題解決になるサービスなら本契約をします。もしニーズに合わない部分があるなら交渉するか、他のサービスを検討しましょう。

SMS一斉送信の運用と改善

SMS一斉送信サービスの導入を終えたら本格的に運用を進めていきます。小規模な運用から始めて問題がないかをチェックし、徐々に顧客範囲を広げていくのがコストパフォーマンスを上げるための基本と言えるでしょう。さらにSMSの内容や配信頻度、配信する時刻やターゲッティングの仕方などを試行錯誤して改善していきましょう。SMSは送信コストがかかるので、効果を上げていくのが重要です。導入した時点で安心せずに、継続的に改善を図っていくのがおすすめです。

SMS一斉送信サービスの気になる料金は?

SMS一斉送信サービスの気になる料金は?

SMS一斉送信サービスの導入のメリットが大きいとしても、料金が高くては始められないと思うかもしれません。SMS一斉送信サービスは従量制の料金システムのことが多く、大まかには1通のSMSにつき10円から20円くらいになっています。基本料金がかかるケースもないわけではありませんが、完全に従量課金にしているのが一般的です。

初期費用についても高くても10万円くらいで済むことが多いでしょう。カスタマイズを要望したり、オプションを指定したりすると初期費用がかさむこともありますが、無料でSMS一斉送信を始められるサービスも増えてきています。

KDDI Message Castでは初期費用がかからず、SMS送信の従量料金のみで月額費用は一切かかりません。SMS一斉送信の業界でも最低水準の最大9.35円/通の料金設定にしています。SMS一斉送信をご利用の際にはぜひご検討ください。

SMSの一斉送信時の注意点

SMSの一斉送信をするときには気を付けなければならない点もあります。ビジネスシーンで用いるときには、法律にもSMSの性質にも注意が必要です。ここではSMS一斉送信をするときに確認した方が良いポイントをご紹介します。

特定電子メール法(特電法)を確認する

SMS一斉送信を導入して運用していくときに気を付けなければならないのが特定電子メール法です。正式名称は「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」で「特電法」という略称で知られています。特定電子メール法は、無料で送信できるメールをむやみに一斉送信して営業活動をおこない、一般消費者にとっての迷惑メールが広まらないように規制する法律です。

特定電子メール法は2002年に施行され、現状を鑑みて2008年に改正されました。特定電子メール法では営利目的の企業や団体、個人などによって宣伝広告目的で送信される電子メールについて規制を設けています。営利目的とは営業をする意図で情報を発信し、ウェブサイトへの誘導などをしようとすることです。SNSへの誘導や懸賞への当選の通知なども含まれていて、友人からの連絡を装う行為なども規制対象となっています。

特定電子メール法ではオプトイン方式を採用している点に留意が必要です。オプトイン方式とは、メールを送信する際に受信する顧客から同意を得た上で送る仕組みを指します。事前に同意を得ていないのに営利目的のメールを送信すると特定電子メール法の違反になって罰則を受けることになります。1年以下の懲役、もしくは100万円以下の罰金、さらに法人の場合には3000万円以下の罰金という定めになっている厳しい罰則です。

もともと特定電子メール法はメルマガによるむやみな宣伝広告を規制し、一般消費者を保護することが目的でした。しかし、SMSもショートメッセージやショートメールと呼ばれるメールの一種として解釈されて規制対象になっています。スマートフォンや携帯電話の所有率が高くなり、ビジネスシーンでの活用も進んでいる影響で規制する必要性が高いと考えられているのが現状です。

SMS一斉送信によってメッセージを受け取った顧客が、SMSの送信を認めていないのにスパムのようなSMSが送られてきたと思う場合があります。その顧客がスパムSMSを受け取ったと報告すると、罰則を受けることになりかねません。スパムと最終的に判断されるかどうかはSMS一斉送信の内容や頻度によっても違います。しかし、厳しい判定を受けたときにはビジネスを続けることが難しくなるリスクもあるので注意が必要です。

2022年1月現在、特定電子メール法は2008年から改正されていないため、今後のメールやSMSによるマーケティングの状況を見て内容が変わる可能性もあります。これからSMS一斉送信を使っていく際には特定電子メール法の状況を絶やさずにチェックして、法令を遵守しながら情報配信に活用していくのが大切です。

メッセージの文字数に気を払う

SMS一斉送信をするときには文字数に注意しましょう。SMS一斉送信サービスでは文字数によって料金単価が定められているのが一般的です。70文字以下なら料金が安くて済むことが多いですが、70文字を超えると文字数によって金額がかなり高くなることもあります。

SMSを一斉送信するときには数十通、数百通、さらには数千通や数万通のこともあります。単価が3円で1000通送信したら3,000円で済みますが、10円になったら1万円です。マーケティングのために毎日SMS一斉送信をしたとしたら、月額にすると9万円と30万円という大きな違いが生じます。文字数を減らすだけでコストを大幅に抑えられるので、リンクを活用して本文に書く内容は最小限にとどめることが重要です。

顧客視点を大切にして一斉送信する

SMS一斉送信では顧客視点を持つのが重要です。SMSを使ってプロモーションをしたり、督促をしたりしたいと思うと、自社のメリットを優先してしまう傾向があります。SMSは顧客にスピーディーに情報を届けられるので、うまく活かして利益を生み出したいと考えるのはもっともなことです。

しかし、顧客の印象が悪いとスパムと思われてしまいかねません。顧客からの評判が悪くなると、オプトアウトされてしまったり、オプトインしてくれる顧客がいなくなったりしてしまうリスクがあります。いつも顧客のメリットを意識し、魅力的な情報をタイムリーに配信するように心がけるのがSMS一斉送信を使う上で欠かせないポイントです。

SMS一斉送信サービスの選び方とは?

SMS一斉送信サービスを導入するときにはコストパフォーマンスを高め、顧客からの信頼を得られるように契約先を選ぶのが大切です。SMS一斉送信サービスの選び方として押さえておいた方が良いポイントを確認しておきましょう。

目的に合った一斉送信ができるサービスを選ぶ

SMS一斉送信サービスを選ぶときには要件が揃っていて、社内ニーズを叶えられるサービスを見つけ出すことが大切です。SMSの文字数を増やせたり、送信結果を確認できたりするだけでなく、予約送信や自動送信ができるサービスもあります。機能が充実していると利用範囲が広がるので、SMS一斉送信の活用も進めやすくなるでしょう。

目的によってどのようなサービスがあれば良いかは異なります。API対応をしているSMS一斉送信サービスならSMS認証をしたり、双方向のコミュニケーションを取ったりすることも可能です。システムの使いやすさも業務効率を上げるには重要なポイントになるので、目的に合わせてサービスを選定しましょう。

セキュリティ対策を考慮して選ぶ

SMS一斉送信サービスは顧客視点でセキュリティ対策を重視するのが重要です。個人情報保護はネットワークを使ってサービスを提供する上で欠かせないポイントになっています。SMS一斉送信サービスはクラウド型のものがほとんどです。クラウドサービスでは多数の会社が同じサーバーを利用するため、セキュリティが充実していることが必要不可欠です。

顧客情報が漏洩したり、不正ログインがおこなわれたりするリスクがあるSMS一斉送信サービスは避けなければならないでしょう。セキュリティの脆弱性に関する不安がなく、企業としても顧客としても安心して利用できるSMS一斉送信サービスを選ぶのが大切です。

国内キャリアに対応しているサービスにする

SMS一斉送信サービスの選び方として、国内キャリアと接続できることは重要です。SMSは個別送信すると到達率が極めて高いのが魅力ですが、一斉送信をするとスパムと認識されてしまって到達しないリスクが発生します。この問題を避けるには国内キャリアに対応していて直接の接続が可能なSMS一斉送信サービスを選ぶのが効果的です。

国内キャリアと直接接続になっていれば、安全な送信元からの配信として判定されるのが一般的です。SMSの一斉送信をしてセキュリティアプリなどにブロックされてしまっては、コストがかかるだけで情報が顧客に届きません。NTTドコモやau、ソフトバンクや楽天モバイルなどを利用している顧客にSMS送信をするときには重要なポイントです。

導入コストと運用コストを比較検討する

SMS一斉送信サービスを選ぶときにはコストを比較検討して選ぶのもおすすめです。SMS一斉送信サービスでは導入コストと運用コストの2つを考えて比較しましょう。導入コストは標準サービスなら無料のことが多いですが、カスタマイズするときには違いが大きくなりがちです。運用コストについては1通あたりの料金が重要になります。

実際にSMS一斉送信をしてみないとどのくらいのSMSを一斉送信するかがわからない場合もあるでしょう。試用期間が設けられているサービスは魅力的です。試用期間にどのくらいのコストがかかるかを確認して、予算的に受け入れられるかどうかを計算してみると安心して契約できます。

まとめ

SMS一斉送信は顧客への情報配信方法として効率が高く、運用を続けることでコストも抑えられる費用対効果の高さが魅力です。KDDI Message Castでは初期費用も月額費用も無料で、完全に従量課金制のSMS一斉送信サービスを提供しています。2か月間の試用期間も用意しているので、実際にSMS一斉送信をして使い勝手を確認することも可能です。従量料金も業界最安水準で、到達率も98%以上を誇っています。SMS一斉送信をご利用の際にはぜひ弊社のサービスをご検討ください。

▼KDDI Message Cast(KDDIメッセージキャスト)詳しくはこちら

https://sms.supership.jp

SMSとは

本人認証サービス(3Dセキュア)とは?仕組みやメリットなどについて解説!
2022年4月22日 SMSとは

本人認証サービス(3Dセキュア)とは?仕組みやメリットなどについて解説!

VISA・MasterCard・ JCB・ AMEXといったクレジットカードブランドは、インターネット上で安全にクレジッ

2022年4月6日 SMSとは

DM・ダイレクトメールとは?開封率を上げていく方法とは?

DM・ダイレクトメールとはどのような魅力がある手法なのかが気になっているかたもいるのではないでしょうか。メッセージによる

SMSのコストは?サービスの選び方や、コスト面のSMSの利点を解説!
2022年3月17日 SMSとは

SMSのコストは?サービスの選び方や、コスト面のSMSの利点を解説!

SMSを利用するときにはコストがかかります。個人で使用するときと法人が活用するときではSMSのコストに違いがあることをご

簡単にシステム連携が可能なSMSのAPI方式とは?
2022年3月17日 SMSとは

簡単にシステム連携が可能なSMSのAPI方式とは?

最近、企業におけるSMS(ショートメッセージ)の利用が活性化されており、様々なSMS送信サービスの導入を企業が検討してい

SMSはなぜ有料?有料でも企業に注目される理由も解説!
2022年3月2日 SMSとは

SMSはなぜ有料?有料でも企業に注目される理由も解説!

SMSはなぜ有料のサービスなのかが気になっている方もいるのではないでしょうか。メールを送信するのは無料なのに、SMSは有

SMSはメルマガより効果的?SMSとメルマガ・LINEの違いも解説!
2022年3月2日 SMSとは

SMSはメルマガより効果的?SMSとメルマガ・LINEの違いも解説!

SMSはユーザーにアプローチする方法として注目されるようになりました。メッセージを伝えるマーケティングの方法としてメルマ

ブログ一覧