公開日:2022年8月2日

家賃や公共料金などで支払いが滞っている場合には督促をおこなう必要があります。その連絡手段としては電話や郵送が一般的ですが、それぞれの方法では問題点も多く、より効果的な手段が求められています。そこで注目されているのがSMS(ショートメッセージ)送信サービスです。

この記事では、SMS送信サービスを活用することでどのようなメリットを得られるのかご紹介します。

督促での課題感

郵送の督促ではコストがかかる割に反応が悪い

郵送による督促をおこなっているが、開封されていないのか反応がない場合が多い。また、1通ごとのコストや手間もかかるので効率化したい。

電話が繋がらない

日中に電話をしても出てもらえない。出てもらえるまで何度もかけ直すので時間や手間もかかってしまう。

督促におけるSMS送信サービスを活用するメリット

SMSは到達率・開封率が高い

SMSは標準搭載の機能で、機種やOSに関係なく届くため到達率が高く、届くと通知が出るため開封率も高くなります。未払いや滞納はうっかり忘れている場合も多く、それに気が付けば払ってくれる人も多いので、SMSが有効な手段となります。

一斉送信で効率化

一斉送信で効率化

活用できる業界

・不動産業界:家賃の督促

関連記事

SMS(ショートメッセージ)送信サービスの不動産業界での活用ポイントと活用ケース

・地方自治体:税金や年金の督促

関連記事

SMS(ショートメッセージ)送信サービスの地方自治体での活用ケース

・クレジットカード・金融業界:支払いや入金の督促

関連記事

SMS(ショートメッセージ)送信サービスのクレジットカード・金融業界での活用ケース

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

法人向けSMS送信サービス「KDDI Message Cast」を利用することで、お客さまとの連絡などがスムーズに行えるとともに、手間や時間、コストを大幅に削減できます。

ぜひ一度、資料請求やお問い合わせから実際の費用感を確認してみてください。