SMS(ショートメッセージ)送信サービスの不動産業界での活用ポイントと活用ケース

SMS活用事例

2021年7月8日

不動産業界では物件の入居者様との間でさまざまな連絡が必要となります。契約申込・更新手続や工事のお知らせ、家賃滞納者への督促や騒音トラブルの注意など、すべてを手紙や電話にて連絡をとる場合、多大な手間と時間、コストがかかってしまいます。また、手紙を入居契約者様ご本人に読んでいただけないケースや、電話に出ていただけないケースも想定されます。
そのような際に有効な手段として挙げられるのがSMS(ショートメッセージ)送信サービスです。

この記事では、SMS(ショートメッセージ)送信サービスを活用することで、どのようなメリットが得られるのか、活用ケースを交えご紹介します。

不動産業界におけるSMS(ショートメッセージ)活用のポイントと課題感

課題感

  • 家賃の請求や督促にかかる時間と手間を減らしたい。
  • 内覧予約者や物件オーナーの内覧日程忘れや遅刻を防止したい。
  • 最新の物件情報案内を迅速に届けたい。
  • 入居者への重要なお知らせや注意喚起を適時的確に伝えたい。

SMS(ショートメッセージ)活用のポイント

  • 電話で連絡がとりにくい入居者にもSMSでは確実に請求や督促を届けることが可能。
  • 内覧予約者や物件オーナーにSMSでリマインドを送ることで日程忘れや遅刻を防ぐことが可能。
  • SMSで最新物件の情報を送信することでメールよりも手軽に見ていただくことが可能。
  • 工事の案内や入居者の騒音トラブルを書面ではなくSMSで伝えることで時間と手間を減らすことが可能。

SMS(ショートメッセージ)送信サービスの不動産業界での活用ケース

SMS(ショートメッセージ)送信サービスの不動産業界での活用ケース①

DMや電話をSMS送信に変更

背景
入居者様への家賃督促を電話や手紙で連絡していたが、大変な手間と時間がかかっていた。また、電話に出ていただけなかったり書面を見ていただけていないと思われるケースもあった。

課題

  • 督促の手間を省き、効率化・コスト抑制を図りたい。
  • 入居者様本人に確実に届く連絡手段が欲しい。

解決方法・効果
電話や手紙の代わりにSMSで連絡することで、業務時間の短縮とペーパーレス化が実現できた。
入居者様の電話番号宛に送信することで、確実に本人に届け、送信履歴も残るためトラブル時にも安心。

SMS(ショートメッセージ)送信サービスの不動産業界での活用ケース②
SMS配信を活用しお客様へお得な情報を連絡

背景
郵送やポスティングで届けていたエアコンクリーニングなど季節のお知らせを効率化できないかと考えていた。
また、お知らせを読んでいただけていないのではという不安があった。

課題

  • 労力やコストを削減したい。
  • 入居者様本人に読んでいただきやすいツールが欲しい。
  • 季節性あるサービスは繁忙期において、その需要全てお応えできないケースがある。

解決方法・効果
到達率・開封率が高いSMSの送信サービスで一斉送信することで、大幅な労力とコストの削減ができた。
確実に重要なお知らせをお伝えすることで、季節性あるサービスの需要を分散することができた。

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

法人向けSMS送信サービス「KDDI Message Cast」を利用することで、入居者様との連絡などがスムーズに行えるとともに、手間や時間、コストを大幅に削減できます。
ぜひ、一度資料請求やお問い合わせから実際の費用感をご確認ください。

SMS送信サービスKDDI Message Castのサービス概要

KDDI Message Cast」の詳しい特長については、資料請求/お問い合わせにてご確認ください。