業種:人材業界
SMS(ショートメッセージ)送信サービスのアルバイト/パートスタッフへの連絡手段としての活用ケース

人材派遣や人材紹介事業といった人材サービスを提供される企業にとって、アルバイトやパートの方々との円滑なコミュニケーションは重要なものです。

なぜならクライアント企業との関係性の構築はもちろん大切ですが、最も重要なのは働き手となるアルバイトやパートのスタッフを確保することだからです。それに加えて必要なときに連絡がつき、当日のキャンセルを防ぐためにも円滑なコミュニケーション体制を構築することが必要不可欠です。

代表的な連絡手段として挙げられるのがメールやLINEといったコミュニケーションツールですが、メール連絡だと多くのメール中で埋もれてしまい確認漏れが生じてしまったり、よりパーソナルな領域となるLINEでは仕事の連絡は受けたくないという声もあります。

そこでこれらの解決策として期待されるのがSMSです。この記事では、SMS(ショートメッセージ)送信サービスを活用することでどのようなメリットを得ることができるのか、活用ケースを交えてご紹介します。

アルバイトやパートスタッフへのSMS(ショートメッセージ)活用のポイントと課題感

課題感

  • 求人情報をメールで送付していたがその他のメールに埋もれてしまい、アルバイト/パートスタッフがそれに気が付かずに見逃してしまう/情報が埋もれてしまう
  • 出勤日忘れによるドタキャンが発生していた

SMS(ショートメッセージ)活用のポイント

  • Eメールよりも開封率が高く、メッセージに気が付きやすいため、連絡がスムーズにとれることから求人応募者が増加した
  • 最新の求人情報を登録者本人に確実に案内できる
  • 出勤日前日にリマインドすることでキャンセル防止や、欠員が出た際の人員補充の時間を確保できる

アルバイトやパートスタッフへの SMS(ショートメッセージ)送信サービスの活用ケース

求人募集案内をSMSに切り替えてエントリー率が向上した活用ケース

求人募集案内をメール・電話からSMSに切り替え

背景
メールまたは電話で求人募集案内を実施。
メールの場合は募集求人へのエントリー率が伸び悩み、電話の場合は担当者が1件ずつ対応しなくていけないため業務工数が増えていた。

課題
他のメールに埋もれてしまい、到達率・エントリー率に伸び悩んでいた
メールアドレスは求人サイトではとっておらず、電話番号しかわからないため、電話での連絡しかできなかった。

解決方法・効果
求人情報をSMSにて送付することで、到達率とエントリー率が向上
電話だと工数がかかるが、SMSで一括送信が可能であるため工数削減が可能

出勤日前日のリマインドにおける活用ケース

前日リマインドにSMSを活用

背景
出勤日前日の通知メールを見ていただけず、出勤日当日のキャンセルが発生、再調整や連絡に手間がかかっていた

課題
メールを見ていただけない、電話が繋がらないことが多く出勤日当日のキャンセルが相次いでいた
キャンセルの場合、再調整や連絡などの追加の手間が都度生じていた

解決方法・効果
メール送付後にSMSでリマインドを通知することで、見落としを防ぎキャンセルを抑制
SMSは一斉送信が可能、そして再架電の必要もないため、
電話代・人的コストを抑えられる

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

法人向けSMS「KDDI Message Cast」を利用することで、お客さまとの連絡などがスムーズに行えるとともに、手間や時間、コストを大幅に削減できます。
ぜひ一度、資料請求やお問い合わせから実際の費用感を確認してみてください。