SMS(ショートメッセージ)送信サービスの人材派遣/紹介業界での活用ケース

SMS活用事例

2021年8月5日

あらゆるビジネスシーンにおいて、円滑なコミュニケーションは、重要なものです。
特に、人材派遣や人材紹介事業といった人材サービスを提供される企業は、クライアント企業の依頼に応じて適切な人材を派遣・紹介する事業を展開されており、クライアント企業と登録人材の双方からの信頼を得るためにも、円滑なコミュニケーション体制を構築することが必要不可欠です。
この記事では、SMS(ショートメッセージ)送信サービスを活用することでどのようなメリットを得ることができるのか、活用ケースを交えてご紹介します。

人材サービス会社のSMS(ショートメッセージ)活用のポイントと課題感

課題感

登録人材が類似したサービスに登録している場合、一日に何通も届くメールに大切な求人情報が埋もれてしまい、気が付かずに見逃してしまう/情報が埋もれてしまう
面談や来社日忘れによるキャンセル・リスケジュールが発生する

SMS(ショートメッセージ)活用のポイント

Eメールよりも開封率が高く、メッセージに気が付きやすいため、連絡がスムーズにとれることから面接予約やリマインダーとして活用可能
最新の求人情報を登録者本人に確実に案内できる
求人提供から面談日時の設定までスムーズなコミュニケーションがとれる

SMS(ショートメッセージ)送信サービスの人材サービス業界での活用ケース

面談来社率の改善での活用ケース

面談日程のリマインドSMS送信

背景
人材サービスに登録されたユーザーには、希望業界・職種のヒアリングや適性を確認するため、人材サービス会社との面談が実施されます。その後、求人を出されているクライアント企業において、採用面談が実施されることとなります。

課題
面談来社日忘れや、当日連絡がつかないといった当日キャンセル・リスケジュールが発生。

解決方法・効果
SMS(ショートメッセージ)を活用し、面談来社日のリマインドを送ることで、当日キャンセル・リスケジュールの発生を抑えた。

休眠人材・活用人材掘り起こしにおける活用ケース

人材の掘り起こしにSMSを活用

背景
人材派遣会社は単発・短期から長期派遣といったクライアント企業からの多様な求人依頼に対応する必要があります。同時に、派遣登録者が希望する条件や適性に合った仕事探しをサポートしています。営業担当者には、人材雇用の需要と供給の適切なマッチングが求められます。

課題
多種多様な求人依頼に対応するため、多くの人材の発掘が必要不可欠。派遣登録されているものの、稼働していない休眠人材の再稼働を促したい。人材の掘り起こし手段として、電話やEメールを活用し、新着の求人情報、セミナー情報を発信していたが、連絡がとりにくく、人材の掘り起こしに行き詰まっていた。

解決方法・効果
開封率の高いSMS(ショートメッセージ)を連絡方法として活用することにより、新着の求人情報・セミナー情報を派遣登録者に閲覧していただき、休眠スタッフの掘り起こしに繋げることができます。また、派遣登録者の希望や適性にあわせて適切なメッセージをSMS送信することで、さらなる効果が期待できます。

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

法人向けSMS送信サービス「KDDI Message Cast」を使いDMのコストを抑え、電話での連絡のとりづらさも解消し、お客様と確実性高いコミュニケーションをとることが可能です。ぜひ、一度資料請求やお問い合わせから実際の費用感を確認してみてください。

SMS送信事例集 人材業界編 資料ダウンロードはこちらから