業種:人材業界
SMS(ショートメッセージ)送信サービスの採用・求人での活用ケース

企業での採用活動や求人サイトでも応募者との連絡・コミュニケーションにSMS(ショートメッセージ)送信サービスが利用されるようになってきています。一斉送信やAPI連携などさまざま便利機能があるSMS送信サービスを活用することで、これまで抱えていた課題の解消が期待できます。
この記事では、SMS送信サービスを活用することでどのようなメリットを得られるのか、活用ケースを交えてご紹介します。

SMS送信サービス活用のポイントと課題感

課題感

  • 応募者とメールや電話で連絡が取れないケースがある。
  • 面談日忘れでキャンセルやリスケジュールが発生してしまう。
  • 採用活動の業務効率化やコスト削減がしたい。

SMS送信サービス活用のポイント

  • 開封率・到達率の高いSMSでメッセージを確実に届け、電話を受けられないタイミングでも内容を確認頂ける。
  • 面談日の前日にリマインドを送ることでドタキャン防止。
  • SMSに切り替えることで何度も電話をかける手間やDMの送料などの削減が可能。一斉送信などの便利機能で業務を効率化。

SMS(ショートメッセージ)送信サービスの求人での活用ケース

応募者へのリマインド連絡での活用ケース

背景

採用にあたって何人もの応募者と面談をするが、面談日を忘れたり時間を間違えていたりして、キャンセルやリスケジュールが発生してしまっていた。

課題

せっかくスケジュールを空けて準備していたのに無駄になってしまうことがある。再度のスケジュール調整等で工数がかかる。ドタキャンやリスケジュールを減らしたい。

解決方法・効果

前日にSMS送信サービスを活用してリマインド連絡をすることで、面談の日時忘れを防ぐことができた。リスケジュールが減ることで、余分な業務も発生しなくなった。

求人サイトの新規求人紹介での活用ケース

背景

新規求人が入った際に登録者へ周知するのにメールを利用していたが、他のメールに埋もれてしまい見てもらえてないのではないかという不安があった。

課題

新規求人をしっかり見てもらえてメールより効果的な紹介方法が欲しい。

解決方法・効果

開封率の高いSMSを活用することで、新規求人の紹介にも気づいてもらいやすくなり応募率が上がった。また、SMS送信サービスの機能によりSMSで送ったURLがどのくらいタップされたかなど分析もできるようになった。

法人向けSMS送信サービスなら「KDDI Message Cast」

法人向けSMS「KDDI Message Cast」を利用することで、お客さまとの連絡などがスムーズに行えるとともに、手間や時間、コストを大幅に削減できます。

ぜひ一度、資料請求やお問い合わせから実際の費用感を確認してみてください。